2021年 9月 19日 (日)

北朝鮮が激怒した韓国の「風船ビラ」 法律で禁止も...「第3国」では適用外という「抜け道」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

懸念呼んだ「単に第3国を経るビラなどの移動を含む」の意味

   拡大解釈の懸念も出た。改正案では「散布」の意味について、

「北朝鮮の不特定多数の者に配るか、または北朝鮮に移動する(単に第3国を経るビラなどの移動を含む。以下同じ)させる行為」

だと定義されており、これが第3国での活動を罰することにつながる、という指摘だ。

   これを整理しようと統一省が21年3月9日、条文解釈のためのガイドラインを発表。それによると、「単に第3国を経るビラなどの移動」を

「ビラなどが気流、海流など自然要因により、第3国の領域または公海上を経て、北朝鮮に移動すること」

だと定義し、

「第3国でビラなどを散布する行為は、この法律の適用対象ではない」

と明記した。中国やロシアからビラを散布しても、この法律で罰せられないことが明確になったわけだ。

   改正法は、ガイドラインとともに3月30日に施行予定だ。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中