2021年 4月 11日 (日)

巨人・吉川尚輝「レギュラー剥奪危機」のなぜ 辛辣コメントの裏に透ける監督の期待

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   リーグ3連覇を狙う巨人は捕手、一塁、左翼でレギュラー争いが繰り広げられている。

   一方で、遊撃・坂本勇人、三塁・岡本和真、中堅・丸佳浩、右翼・梶谷隆幸はシーズンを戦い抜く上で攻守の中心選手として計算されている。この中で、昨季レギュラーとして活躍しながら、定位置を確約されていない選手がいる。二塁の吉川尚輝だ。

  • 原辰徳監督(2014年撮影)
    原辰徳監督(2014年撮影)
  • 大学時代の吉川尚輝(写真:アフロ)
    大学時代の吉川尚輝(写真:アフロ)
  • 原辰徳監督(2014年撮影)
  • 大学時代の吉川尚輝(写真:アフロ)

原監督「(吉川は)相当、奮起しないといけない」

   吉川は昨季112試合出場で打率.274、8本塁打、11盗塁。1番打者でチームトップの46試合にスタメン出場し、リードオフマンとして打線を牽引した。俊足を生かした二塁の守備でも再三のピンチを救った。抜群の身体能力と野球センスは他球団の選手にも一目置かれている。

   ツインズ・前田健太が自身のYouTube「マエケンチャンネル」で、「空想日本代表ドラフト会議」の動画を6月に配信した際は、「吉川はメチャメチャ打撃がいいと思う」と評価。ゲスト出演したレッズ・秋山翔吾も自身が15年に樹立したNPB歴代最多の216安打を超える可能性を秘めた選手に言及し、吉川の名を挙げていた。

   だが、原辰徳監督が求めるレベルは高い。16日にスポーツ報知の紙面で掲載された同紙評論家の藤川球児氏と対談でこう語っている。

「北村(拓己)が二塁のレギュラーを取ると面白い。もちろん、吉川は昨年もいい経験をしたけど、数字的には高い選手ではない。足も速いが、スチールなら増田大輝の方が走力がある。(吉川は)相当、奮起しないといけない」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中