2021年 4月 17日 (土)

阪神・中日「まさかの開幕投手」の真意 目先の1勝より「巨人包囲網」を優先か

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

    リーグ3連覇は絶対にさせない――開幕から他球団の「巨人包囲網」が敷かれている。

   昨季のセ・リーグAクラス、阪神と中日の両球団は、エース投手の開幕戦登板をともに回避した。こうした動きは、巨人との戦いをにらんだ戦略だとみられる。

  • 藤浪晋太郎投手(2017年、写真:AP/アフロ)
    藤浪晋太郎投手(2017年、写真:AP/アフロ)
  • 大野雄大投手(写真:Penta Press/アフロ)
    大野雄大投手(写真:Penta Press/アフロ)
  • 藤浪晋太郎投手(2017年、写真:AP/アフロ)
  • 大野雄大投手(写真:Penta Press/アフロ)

福谷「大炎上」でも開幕変わらず

   中日の開幕投手は昨季8勝をマークした福谷浩司。19、20年と2年連続最優秀防御率を獲得し、昨年は沢村賞を獲得したエース左腕・大野雄大が大本命とみられていただけに、驚きの声が上がった。

   福谷は10日の西武戦(ナゴヤ球場)で3回12安打10失点と大炎上したが、与田剛監督は26日の開幕・広島戦(マツダ)の先発登板に変更はないことを明言した。なぜ、大野は開幕を回避したのだろうか。

「コンディションが上がっていないことを理由に挙げている報道はありますが、7日の楽天戦(バンテリンドーム)で3回2安打無失点、無四球で毎回5奪三振と完ぺきな投球を見せている。

昨季の疲労も考慮して春季キャンプでスロー調整だったのは確かですが、あのクラスの投手は放っておいても開幕にきっちり合わせる。開幕投手を福谷にしたのは、大野を30日の開幕2カード目の巨人戦(バンテリンドーム)に先発させて叩きたいという狙いがあるのでしょう」(スポーツ紙中日担当記者)

   大野の昨季の成績を見ると、巨人戦は2勝2敗、防御率1.32。本拠地開幕戦で迎える巨人戦はチームが勢いに乗るために是が非でも勝ちたい。大野が昨季本拠地で9勝2敗、防御率1.14と抜群の相性の良さを誇ったのも判断材料になっただろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中