2021年 8月 6日 (金)

HKT48、W選抜名「つばめ」「みずほ」の意味は? 九州新幹線の両列車にみる「歴史」と「勢い」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   緊急事態宣言の影響で延期になっていたHKT48の新曲の発売が、2021年3月13日に改めて発表された。シングル表題曲は16人程度の「選抜メンバー」が担当するのが一般的だが、今回は計24人が選ばれた。

   今回は、24人が12人ずつの2チームに分かれて活動する「W選抜」制度を初めて採用したのが特徴。それぞれ「つばめ選抜」「みずほ選抜」と命名され、メンバーからは「特急?」「新幹線?」といった声が続出した。確かに「つばめ」も「みずほ」も九州新幹線の列車の愛称だが、元々は旧国鉄時代から活躍してきた特急列車の愛称でもある。見方によっては、昭和の伝統ある列車の系譜を令和のアイドルグループが引き継いだともいえ、そこに込められた意図も焦点になりそうだ。

  • HKT48の新曲の選抜メンバー。今回は24人が選ばれた(c)Mercury
    HKT48の新曲の選抜メンバー。今回は24人が選ばれた(c)Mercury
  • 「つばめ」に使用される800系電車
    「つばめ」に使用される800系電車
  • 「みずほ」に使用されるN700系電車
    「みずほ」に使用されるN700系電車
  • HKT48の新曲の選抜メンバー。今回は24人が選ばれた(c)Mercury
  • 「つばめ」に使用される800系電車
  • 「みずほ」に使用されるN700系電車

「特急?」「勢いすごいね」「乗り物ですよね?新幹線っぽい感じがするけど」

   HKT48が新曲をリリースするのは20年4月発売の「3−2」(さんひくに)以来、約1年ぶり。20年12月31日の劇場公演で21年3月10日の発売が発表されていたが、緊急事態宣言の再発令を受けて、1月13日に発売延期が発表されていた。新たな発売日は5月12日。西日本シティ銀行HKT48劇場(福岡市)から配信された動画番組で、メンバーが見守る中で発表された。

   2チームは「HKTの歴史を2つに分けたときのチーム」で、前者は1期生(11年デビュー)、2期生(12年デビュー)、3期生(13年デビュー)、ドラフト2期生(15年デビュー)までの世代で構成。後者はそれ以降に加入した4期生(16年デビュー)、ドラフト3期生(18年デビュー)、5期生(18年デビュー)によるチームだ。それぞれのチーム名が「つばめ選抜」「みずほ選抜」だと明かされると、メンバーからは

「つばめ?新幹線?」
「特急?」
「勢いすごいね」
「乗り物ですよね?新幹線っぽい感じがするけど」

といった声が次々にあがった。

   「つばめ選抜」のセンターポジションを担当するのは3期生の田中美久さん(19)。「早送りカレンダー」(18年発売)で矢吹奈子さん(19=IZ*ONE専任活動中)とダブルセンタだったことはあるが、単独センターは初めて。

   田中さんは驚いた様子で

「つばめ?まったく予測してなかった」

と話した。「みずほ選抜」センターは4期生の運上弘菜さん(22)が担当。前作からの続投だ。運上さんは、過去のHKT48のユニット名に「幸せDAパンケーキ」「やっぱりみたらし団子」(ともに18年)といった奇抜なものがあったことを念頭に、

「また『みたらし団子』とか『パンケーキ』とか、おいしそうなものになると思っていたので、(「みずほ」は)響きがすごく良くて楽しみ」

と期待を寄せた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中