2021年 9月 20日 (月)

ファンモン「一夜限りの復活」とは何だったのか 突然の「2人で活動再開」発表に冷めた声も

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   一夜限りの復活だとして、「3.11」の音楽特番に出演した音楽グループ「FUNKY MONKEY BABYS」(ファンキーモンキーベイビーズ、以下ファンモン)が、ファンキー加藤さん、モン吉さんの2人体制で活動を再開すると2021年3月16日に発表された。

   2013年の解散からおよそ8年。活動再開にネット上のファンからは喜びの声が聞かれる一方で、その様子を複雑な思いで見ている人もいるようだ。

  • 2人での活動再開を発表したファンキーモンキーベイビーズ
    2人での活動再開を発表したファンキーモンキーベイビーズ
  • 2人での活動再開を発表したファンキーモンキーベイビーズ

ファンキー加藤「もう隠しません」

   ファンモンは東京・八王子市出身の加藤さん、モン吉さん、DJケミカルさんの3人で04年に結成。06年1月にメジャーデビューを果たし、「ヒーロー」「あとひとつ」などのヒットソングを世に送り出した。

   スタジアム公演を成功させるなど人気絶頂にあった12年、DJケミカルさんが実家の寺の住職を継ぐことを目指すのを理由にグループ解散を発表。13年6月には東京ドームでラストライブを行った。その後、加藤さんは13年、モン吉さんは16年からそれぞれソロシンガーとして活動を再開している。

   東日本大震災から10年を迎えた21年3月11日には「一夜限りの復活」と銘打ち、音楽特番「音楽の日」(TBS系)で3人そろってパフォーマンスを披露。楽天生命パーク宮城(仙台市)から「ありがとう」「ちっぽけな勇気」「あとひとつ」の3曲を届けた。3人の復活はネット上でも大きな注目を集め、「あとひとつ」歌唱時には同番組の瞬間最高視聴率14.2%を記録したことが報じられている。

   そして5日後の16日、ファンモンは2人体制での活動再開を発表。特番出演に向けリハーサルを重ねる中、2人でも「一緒に歌っていきたい」という想いが強くなったこと、番組出演をきっかけに活動再開を望む声が聞かれたことなどが理由だという。

   活動再開にあたり、加藤さんは「心の奥のほうにずっと仕舞い込んでいた大切な思い出が、3月11日に解き放たれて、現在進行形の強い想いとなりました。もう隠しません」、モン吉さんは「2021年、風の時代突入とともに、改めてファンキーモンキーベイビーズをはじめさせてもらいます 皆さんよろしくです」などとコメントしている。

「嬉しいような、なんだかなーと微妙なような」

   そして、活動再開メンバーに加わらなかったDJケミカルさんは、以下のようなコメントを残した。

「解散以来、久しぶりのリハーサルで2人の歌を聴いて、改めて良いなとしみじみ感じました。人生にはそれぞれ与えられた役目があると思います。僕は精神世界の探求であり、2人はやっぱり歌を届ける事だと思います」
「僕の事を気にかけて2人で歌っていく事を躊躇していたと思いますが、是非ファンモンの歌で日本中、世界中に前向きな力を与えて欲しいとお願いしました。楽しみにしています!」

   ファンモンの活動再開を受け、ツイッター上では「めっちゃ嬉しい」「え、、最高」と喜ぶ声が聞かれた。ただ、中には、「嬉しいような、なんだかなーと微妙なような」「一夜限りだから感動したのに...」と複雑な受け止め方をする人も。

   また、DJケミカルさんが再開メンバーに加わらなかったことに対して「ケミカルがいないと無性に物足りないと言うか寂しい」「DJケミカルのいないFUNKY MONKEY BABYSなんてFUNKY MONKEYSじゃん」とつぶやく人もいた。

   なお、活動再開にあたってはグループ名表記を「FUNKY MONKEY BΛBY'S」(読み方は同じファンキーモンキーベイビーズ)に変更。今後の活動はグループのオフィシャルサイトで発表されるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中