2021年 6月 24日 (木)

就活の極意は「嘘をついてアピール」 産経記事が波紋、識者は猛反論

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!
「行きたい企業に行くなら、正直に話すだけでは自分を売り込めなくなってしまうこともありえますので嘘をつくことも必要悪として受け入れる必要があります」

   産経新聞が就職活動中の学生に向けた記事をめぐり、SNS上で議論を呼んでいる。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 議論を呼んだ産経記事
    議論を呼んだ産経記事
  • 画像はイメージ
  • 議論を呼んだ産経記事

嘘も方便?

   産経新聞は2021年3月11日、「【プロが指南 就活の極意】就活での嘘はありかなしか」と題した記事を配信した。

   就活予備校「内定塾」の講師が、志望企業に受かるための術として、虚実織り交ぜた自己アピールを推奨するような内容だ。

「就職活動がうまくいくなら正解ということになりますので、学生には嘘をつくことは問題ないとアドバイスしています」
「嘘をつくことに抵抗を感じている学生が多いのも事実です。それは本来、正しいことであるはずなのですが、就職活動は人柄が良いかどうかだけでは不十分になってしまうことが多いです」
「就職活動では、『自分を売り込むこと』が重要になってきます。素直に正直に伝えて売り込めているなら良いのですが、そうでないなら売り込むために工夫する必要があります。その工夫の結果が嘘になってしまうなら、嘘をついてアピールすべきです」

   講師は全くの嘘は否定するが、「話を盛ったり、嘘をついたりすること」は肯定する。嘘がばれるリスクについては「一貫して矛盾がないように準備をする必要がある」と入念な準備で防げるとする。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中