2021年 4月 15日 (木)

選手が足らずに「公式戦を中止」 女子プロ野球リーグ、なぜそんな事態に?

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   日本女子プロ野球リーグ(JWBL)が今季の公式戦を中止すると公式サイト上で発表し、ネット上で驚きの声が上がっている。

   「選手が足りなくて試合ができない」というのが理由だ。なぜこんな事態になったのだろうか。

  • 公式戦を行わない理由は?(写真はイメージ)
    公式戦を行わない理由は?(写真はイメージ)
  • 公式戦を行わない理由は?(写真はイメージ)

「登録選手が若干名となったため、公式戦を行わない判断をした」

「今シーズンの公式戦不開催の判断に至った理由としましては、女子プロ野球選手として登録する選手が若干名となった為です」

   リーグを運営する日本女子プロ野球機構は2021年3月15日、例年行っていた公式戦を21年度は行わないと決めたと公式サイトで明かし、こんな理由を挙げた。

   公式戦の雲行きが怪しくなったことは、スポーツ報知が2月5日、ウェブ版記事で報じていた。

   記事によると、昨季に在籍した3チーム計43人から26人が退団やアマチュアチーム入りし、在籍が17人になった。女イチローとも呼ばれた三浦伊織選手らが、阪神が支援するアマチーム「阪神タイガース Women」に移籍するなどして、12年目の今季を迎えることが難しい状況だとしていた。

   女子プロ野球機構は今回の発表で、今季は女子野球の普及のために野球教室を開いたり、アマチュアと交流したりして、リーグとしての基盤づくりに注力すると説明した。そして、登録選手を増やす活動のサポートを行い、来季以降のリーグ開催に向けて尽力していくとしている。

   女子プロ野球リーグは、サプリメント販売のわかさ生活(京都市)が主体となって10年に立ち上げ、一時は4チーム体制で在籍選手も71人まで増えたが、赤字経営が続いていた。19年8月には、記者会見して、チーム運営に参入する企業や団体を募るまでになっていた。

   同年11月になると、約半数に当たる36人もが退団することの発表に踏み切った。「美しすぎる女子野球選手」として話題になった加藤優選手ら主力選手も含まれていたため、メディアにも大きく取り上げられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中