2021年 4月 17日 (土)

鬼龍院翔「僕は本当に腹が立ったんだよ」 尻の脱毛で激痛、施術には感謝も...怒りのワケとは

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ヴィジュアル系エアーバンド「ゴールデンボンバー」のボーカル・鬼龍院翔さんが、脱毛クリニックに行ったことを明かした。

  • 鬼龍院翔さん(2012年撮影)
    鬼龍院翔さん(2012年撮影)
  • 鬼龍院翔さん(2012年撮影)

「クリニック様には感謝だ」

   鬼龍院さんは2021年3月18日にツイッターを更新し、

「今日ケツ毛の脱毛に行ってきたんだけど物凄い痛くて僕は腹が立ったんだよ」

とお尻の脱毛がかなりの激痛だったと明かした。

   鬼龍院さんはその怒りの矛先について、

「決してクリニックにではない」
「こんなケツを優しく施術して下さったクリニック様には感謝だ」

と施術してくれたクリニックではないと説明。つまり、

「僕が腹が立っているのはこんな何の役にも立たない邪魔で無駄な毛を創りたもうた神だ...」

と、人間の身体を創造した神に怒りを向けていると明かしていた。

   鬼龍院さんは、

「そんな事を考えながら痛みに耐えてました」

と神に怒りながら痛みを紛らわせていたという。

   ファンからは、

「神様は人間が服を着て直に地面に座る生活から脱することまで計算してなかったんだね」
「人間の体は結構バグが多いので神も万能ではないと思ってる」

という声が集まっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中