2021年 4月 16日 (金)

「ライバーになりませんか」SNSに飛び交う「スカウトDM」、送り主は何者? 「業界」の実態を探った

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   「『ライバー』としてご活躍いただけないか」、「今話題の〇〇でライブ配信を始めてみませんか?」――現在SNS上では、ライブ配信サービス上で配信を行う「ライバー」の勧誘が増加している。そのメッセージを参照すると「副業感覚で稼げる」、「配信をするだけですぐに時給がもらえる」と、手軽に稼げることを売りにしているものが多くみられた。

   しかしスカウトを受け取った人々からは、「ライバーって何」、「あやしい」という声もあがっている。「ライバー」とは何か、スカウトの送り主は何者か。J-CASTニュースが実態を取材した。

  • ライバー向けブログ「しばらいぶ」を運営する神崎たいきさん
    ライバー向けブログ「しばらいぶ」を運営する神崎たいきさん
  • 公式ライバー育成事務所「NEXTWAVE」を運営するVIA代表で元「17LIVE」社員の横田竜一さん
    公式ライバー育成事務所「NEXTWAVE」を運営するVIA代表で元「17LIVE」社員の横田竜一さん
  • ライバー向けブログ「しばらいぶ」を運営する神崎たいきさん
  • 公式ライバー育成事務所「NEXTWAVE」を運営するVIA代表で元「17LIVE」社員の横田竜一さん

「普通の大学生なのにすごい経験をさせてもらった」

   「ライブ配信」とは、配信者(ライバー)と視聴者(リスナー)がリアルタイムでコミュニケーションできる動画配信サービスだ。ライブ配信ができるプラットフォームとしては、17LIVEやPocochaなどが知られている。

   「ライバー」とは、こうしたプラットフォームを通じてライブ配信を行う人々を指す。主にスマートフォンで配信を行い、リスナーからの「投げ銭」を収入源とする。

   一口にライバーといってもさまざまな人がいる。音楽活動を趣味とする現役ライバーの女子大生は取材に対し、コロナ禍によって人前で歌うことができる機会が減る中で、ライブ配信に活動の場を見出していると明かす。手軽に配信を開始でき、リスナーからリアルタイムなリアクションを得られることが魅力的なのだという。この女性ライバーはコロナ禍が落ち着いたら、リスナーとリアルなライブハウスでも交流を行いたいと意気込んでいる。

   ライバー向けブログ「しばらいぶ」を運営する神崎たいきさんは、大学生のころにライバー活動をしていたと取材に答えた。神崎さんはライブ配信について、「配信という仰々しい感じではなく、友達とビデオ通話をしているような感じ」だと話す。神崎さんの配信は雑談が中心だったが、ヒッチハイク旅行の配信も企画したという。

「コロナ禍以前、千葉から鹿児島までヒッチハイク配信を行いました。各地で応援してくれるリスナーさんが助けてくれて、ご飯をおごってもらったり、一緒に観光したりしました」

   またプラットフォームが開催するオフラインイベントにも参加した。神崎さんは17LIVE本社のある台湾で開かれたイベントにも参加し、「普通の大学生なのにすごい経験をさせてもらった」と振り返っている。

   そんなライバーら2人のもとにも、冒頭のスカウトは大量に届いているようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中