2021年 5月 10日 (月)

「ブタ」は嫌でも「ネコ」なら可愛い? 渡辺直美「容姿侮辱」LINE問題、サンジャポのモデル発言で議論

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   お笑いタレント・渡辺直美さんに関する「容姿侮辱LINE」などで東京五輪・パラリンピック開閉会式演出企画チームの佐々木宏氏が辞任した問題をめぐり、2021年3月21日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、モデルの長谷川ミラさんが発言した内容が議論を呼んでいる。

   長谷川さんはLINEの内容を「誰でも『豚』って言われたら嫌」と批判。一方、元衆院議員でタレントの杉村太蔵さんが、仮に藤田ニコルさんを『猫』にする演出だったらどうかと問うと、「猫は可愛くないですか?」と肯定的な反応を見せた。

   この発言をめぐり、ツイッター上では「ダブスタ」ではないかという指摘が聞かれている一方で、「猫の方がいい」と同意する声も出ている。

  • 長谷川ミラさん(2019年、写真:bfa.com/アフロ)
    長谷川ミラさん(2019年、写真:bfa.com/アフロ)
  • 長谷川ミラさん(2019年、写真:bfa.com/アフロ)

「議論をしていること自体がちょっともう、ナンセンス」

   週刊文春は21年3月17日、佐々木氏が20年3月に、オリンピックの開会式で渡辺さんを「豚」に変身させるプランを、演出チームのグループLINEで提案していたと「文春オンライン」で報道。佐々木氏は翌18日にチームの統括役を辞任した。この報道に対し、渡辺さんは19日に自身のYouTubeライブで「10年前からアップデートしているんだよ、ウチらは」と涙ながらに胸の内を語った。

   21日放送の「サンジャポ」では、今回の話題がスタジオ出演者の間で議論になった。タレントの武井壮さんは、本来こうした差別的な表現をする側に問題があるとして、言われた側は「傷つかないでいい」と語る。その上で「むしろこんなのを『差別だ!』と言って(表に)出しちゃった人の方が、そういう意識があるんじゃないか」と、人々の中にある潜在的な差別意識を指摘した。

   また、爆笑問題・太田光さんは、佐々木氏の送ったLINEは「漫才」のネタ作りに例えるならば「たたき台の更に前段階」の状態にあるとし、「本当に侮辱してやろうという演出なのかは、完成形を見ないとわからない」と考えを保留した。

   こうした中、「新世代のSDGsリーダー」「環境問題・ジェンダーレスを発信」という紹介のもと議論に参加した長谷川さんは、

「誰でも『豚』って言われたら嫌じゃないですか。『豚って言ったか言ってないか』とか、『こういう演出だったかもしれない』ではなくて、言った事実がある。ここの議論をしていること自体がちょっともう、ナンセンスだなって」

   と主張した。

本人は放送後に釈明「猫か豚か。ではないんだよなぁ」

   この長谷川さんの意見に対し、杉村さんは「例えば僕が演出(担当者)で、にこるん(藤田ニコルさん)に猫になってもらいましょう、と。世界中に『にこるんビーム』を発してもらいましょう、と言ったら、これは...全く侮辱はないんですけれども」と問う。

   すると長谷川さんは「猫は可愛くないですか?」と反応。これに、藤田さんは「そうしたら豚は豚でかわいそうな気がする」と意見を示した。

   ツイッター上では長谷川さんの発言をめぐり、「豚はダメなの?犬や猫は良いの?」「完全にダブスタ」と首をかしげる声が。その一方で「ブタって言われるなら猫の方がいい」「(豚という言葉が)侮辱するための言葉以外に何があんだよ」と同意する意見もあった。

   長谷川さんは番組終了後に自身のツイッターを更新し「ごめんなさい、猫か豚かっていう話がしたかったわけじゃない。猫か豚か。ではないんだよなぁ議論するべきなのは...」と釈明している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中