2021年 4月 12日 (月)

笑顔で会話→「緊急地震速報」で一転冷静に 生放送中キャスターの「切り換え」に称賛、本人に話を聞いた

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   番組放送中に流れた緊急地震速報に対するあるキャスターの即座の対応ぶりが注目された。時の人となったのはウェザーニューズの檜山沙耶キャスター(2018年入社)である。

  • 檜山沙耶キャスター(公式プロフィールより)
    檜山沙耶キャスター(公式プロフィールより)
  • 檜山沙耶キャスター(公式プロフィールより)

「真のプロだ」

   2021年2月26日19時18分頃、福島県沖でマグニチュード4.5の地震が発生、緊急地震速報も発信された。この時YouTubeなどインターネット配信サービスで生放送中の「ウェザーニュースLiVE・イブニング」を担当していた檜山キャスターは、それまで笑顔を交えて話していた将棋の話題から表情を一転、落ちついた表情と口調で「ここで地震をお伝えします。緊急地震速報をお伝えします」と緊急地震速報のニュースに転じ、「念のため海岸から離れてください」と呼びかけていた。

   檜山キャスターのこの対応は映像とともに3月中旬ごろからネット上で拡散され、海外のネットユーザーからも注目を浴びた。地震に直ちに対応した様子を称賛するコメントが寄せられている。

「真のプロだ。このような緊急のニュースに備えて自発的に訓練していたのだろう。笑顔で地震のニュースを伝えていた場合とのギャップを想像してみるといい」
「表情と声のトーンが変わったこと自体が、テレビをぼんやりと見ている視聴者への警報で、彼らに地震を気付かせるのに完璧だ」
「彼女の即座の反応だけでなく、放送局がすぐに画面を切り替えていた。これほど記憶に残る放送局も見たことがない」(すべて編集部訳)

   J-CASTニュースは3月23日にウェザーニューズ社を通じて檜山キャスター本人から、この反応についての感想などを聞いた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中