2021年 5月 17日 (月)

今年のプロ野球、日本一はどこ? J-CAST記者の予想は「ヤクルト」「ソフトバンク」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

S記者は「広島2位」を予想。その根拠は...

S記者の予想=ソフトバンク日本一

【セ】1位阪神、2位広島、3位巨人、4位中日、5位ヤクルト、6位DeNA

   阪神は中継ぎ陣が豊富。さすがにJFK 時代ほど絶対的ではないと思うが、早いイニングから中継ぎリレーを行っていけば、多くの接戦を物にできるのではないか。打線も安定感のあるバッターが揃っている。佐藤輝明がオープン戦レベルで活躍すれば、優勝を狙えるのではないか。

   2位争いに広島を期待。栗林、森浦、大道のルーキー3人が中継ぎでフル回転して、オープン戦絶不調のクロンがハマればチャンスはある。真面目な性格なので、きっかけさえ掴めば本塁打王争いできると思う。巨人は中継ぎが不安。

【パ】1位ソフトバンク、2位楽天、3位オリックス、4位西武、5位ロッテ、6位日ハム

   ソフトバンクはモイネロを欠くが、岩嵜が復活した。泉、杉山、津森と若い中継ぎ陣も揃っているし、下からまだ上がってくる可能性もある。先発がダメそうなときに中継ぎをぶっ込んで試合を立て直せるのが大きい。野手の世代交代が出来ていない印象だが、それでも「守り勝つ野球」が出来ると思う。

   楽天は先発のコマは揃っているが、年齢層高めで故障リスクも心配。早川はオープン戦不調で未知数。野手は外人が来日できず、明らかにパワー不足。田中の圧倒的な活躍とマギー、ジョーンズが揃い、日本一を成し遂げた13年に比べるとバランスが悪い。期待の先発陣が活躍できなければ、Aクラス入りできるかも微妙なラインでは。

<予想した人・S記者:ブラウン政権時代からの広島ファン。連続Bクラスで負け犬根性が染み付いていたが、16〜18年のセ3連覇で感覚が麻痺。以降、毎年のように「今年は日本一行けるだろ」と思うようになった>
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中