2021年 5月 9日 (日)

今年のプロ野球、日本一はどこ? J-CAST記者の予想は「ヤクルト」「ソフトバンク」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

ヤクルト優勝の大胆予想も

編集長の予想=ヤクルト日本一

【セ】1位ヤクルト、2位巨人、3位阪神、4位中日、5位広島、6位DeNA

   スポーツ紙や野球サイトなどを眺めても、ヤクルト優勝を予想している人が皆無なので、あえての大穴狙い。ファンのひいき目も多分にあるが、6年ぶりVの可能性は決してゼロではないはず。

   まず、投手陣が弱いとばかり言われるスワローズだが、真のウィークポイントは野手の層の薄さだと思っている。特にここ2シーズンは、神宮ホームの利を活かした戦いができなかった。

   編成もそこを分かって補強を進めた。オスーナ、サンタナの大物外国人に、実績十分の内川が加入。FAで残留した山田の復調、ブレーク期待の塩見・濱田らが飛躍できれば、上位争いに十分食い込めるはず。

   先発は不安だが、中継ぎの駒はそろっている。今季は延長もないので、ブルペンデーの導入もありだろう。混セを制した2015年の再現を期待。

【パ】1位ソフトバンク、2位オリックス、3位楽天、4位西武、5位ロッテ、6位日ハム

   1位は順当にソフトバンク。2位のオリックスは、山本・山岡の二枚看板に、高卒2年目の宮城も楽しみ。強力投手陣を中心に、吉田正・ジョーンズ・ロメロら中心打者がそれなりに働けば、優勝争いにも参戦できるはず。田中将大の復帰に沸く楽天は、ベンチワークの不安がぬぐえず3位と予想した。

<予想した人・J-CASTニュース編集長 込山:小学生の頃からのスワローズファン。好きな選手はバレンティン、好きな応援歌はヤクルト時代の濱中治)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中