2021年 9月 19日 (日)

オープン戦とはまるで別人...楽天・早川隆久が見せた「対応力」 元ヘッドも絶賛「あまりの完成度に驚いた」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   プロ野球・楽天のドラフト1位ルーキー早川隆久投手(22)がプロデビュー戦を華々しく飾った。

   楽天は2021年3月28日、楽天生命パークで日ハムと対戦し、早川が先発のマウンドに上がった。早川は毎回となる8奪三振で6回4安打無失点。104球を投げ抜いてプロ初先発初勝利を飾った。

  • 早川隆久投手(写真:望月仁/アフロ)
    早川隆久投手(写真:望月仁/アフロ)
  • 早川隆久投手(写真:望月仁/アフロ)

「アジャストする能力に長けている」

   楽天の先発ローテーションの一角として大きな期待がかかるルーキーが、プロ初先発で見事に結果を残した。プロとしてスタートを切ったばかりとはいえ、堂々たる投球にファンの期待は高まるばかりだ。

   J-CASTニュース編集部は、楽天の元ヘッドコーチである橋上秀樹氏(55)に早川の投球を分析してもらい、今後の可能性について聞いた。

   注目の初回、日ハム先頭の西川遥輝外野手(28)を147キロのストレートで空振り三振に切って取ると、近藤健介外野手(27)を二ゴロ、渡辺諒内野手(25)を三ゴロに打ち取り3人で終わらせた。

「オープン戦と比べてあまりにも完成度が高くて驚きました。オープン戦では変化球の時に腕が緩んだと本人が言っていたが、そういったものは一切見られなかった。コントロールにしても球威にしても色々なことに対してアジャストする能力に長けていると感じました」(橋上氏)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中