2021年 4月 15日 (木)

ブレーク後の転落に「メンタルやられてた」 苦しむスギちゃんを救った石橋貴明の一言

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   2021年3月29日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)に、お笑い芸人のスギちゃんが出演。一時、仕事がうまくいかず悩んでいたというスギちゃんを救った、「とんねるず」石橋貴明さんの言葉が紹介され、話題を呼んでいる。

  • スギちゃん(2012年撮影)
    スギちゃん(2012年撮影)
  • 「何一つ結果が出ない日々が続いてるぜぇ」2013年当時のブログ
    「何一つ結果が出ない日々が続いてるぜぇ」2013年当時のブログ
  • スギちゃん(2012年撮影)
  • 「何一つ結果が出ない日々が続いてるぜぇ」2013年当時のブログ

スベりすぎて収録中に大号泣

   2012年の「R-1ぐらんぷり」で準優勝し、一躍ブレークしたスギちゃん。同年の「新語・流行語大賞」では、「ワイルドだろぉ~」が年間大賞に選ばれ、2012年の顔ともいうべき存在になった。

   当時の最高月収は1000万円、年間テレビ出演は335本と、まさにノリに乗っている状態だったという。しかし、1年もするとワイルドキャラは世間から飽きられ、仕事もあまりない状態に。

   その事実を他の芸人にイジってもらえればよかったものの、「ほかの一発屋芸人と自分は違う」「ワイルド以外の引き出しを出せばいい」などとプライドが邪魔をして、自分を過信していたという。

   そんな中、スギちゃんは落語家の笑福亭鶴瓶さんがMCを務めるトーク番組「A-Studio」に出演。スギちゃんにとって同番組は、過去に前説を担当していた思い入れのある番組だそう。

   鶴瓶さんに成長した姿を見せたいと、「苦労話にはあまり食いつかずウケ狙いのトークを狙いにいった」と番組のコンセプトを無視した結果、あまりうまくいかずスベってしまい自己嫌悪。「セットの裏で地面に伏して泣いた」と八方ふさがりの苦しい気持ちが伝わるエピソードを明かした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中