2021年 4月 24日 (土)

「私は泣きました」なぜ「ウマ娘」は競馬ファンを熱中させるのか? 「リアルとif」共存させた奥深さ

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   アプリゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」が、ソーシャルゲーム界久々のメガヒットとなっている。競馬界に実在した名馬を「ウマ娘」としてキャラクター化、ゲームの中でウマ娘をサラブレッド同様に育成し、「菊花賞」「皐月賞」などのレース制覇を目指す同作。従来のゲームファンの枠を越え、競馬ファンからも興味を持たれているようだ。

   競馬界から見て、このゲームはどれくらいリアルに作られているか、実際にプレイしてみた競馬ライターの佐藤永記さんへの取材を交えて探ると、ありがちな擬人化ソーシャルゲームにとどまらない奥深さが見えてきた。

  • 「ウマ娘 プリティーダービー」のキービジュアル。最前列は左からトウカイテイオー・スペシャルウィーク・サイレンススズカだ。/(C) Cygames, Inc.
    「ウマ娘 プリティーダービー」のキービジュアル。最前列は左からトウカイテイオー・スペシャルウィーク・サイレンススズカだ。/(C) Cygames, Inc.
  • 「ウマ娘 プリティーダービー」のキービジュアル。最前列は左からトウカイテイオー・スペシャルウィーク・サイレンススズカだ。/(C) Cygames, Inc.

「トレーナー」としてウマ娘を育成

   2021年2月24日にリリースされた「ウマ娘 プリティーダービー」。2016年のプロジェクト発表から5年、マンガ連載やアニメ化を経てようやくのリリースとなった。同作の世界では競走馬はおらず、代わりに「ウマ娘」がレースを走る。競技の名前も競馬ではなく「トゥインクルレース」とされるが、出走するウマ娘は並外れた走力・筋力を持っていて、このあたりは現実の競走馬を反映している。

   そしてプレイヤーは「トレーナー」としてウマ娘を育成し、レースに勝つことを目標とする。各ウマ娘にパラメーターが設定されていて、ゲームで獲得したアイテムで育成していくところはソーシャルゲームの基本的な進め方と同じだ。ウマ娘のパラメーターである「適性」には短距離・中距離・長距離、脚質も逃げ・先行・差し・追込と競走馬さながらの指標が設定され、レース特性を把握できる。「若駒ステークス」「皐月賞」「日本ダービー」「菊花賞」などクリアすべきレースミッションが設けられたことも、競走馬のキャリアに即している。

   1980年代から2000年代を中心に実在した名馬と同じ名のウマ娘が多数登場し、適性・性格もモデルの馬を反映して巧みにつくられている。こうしたゲームの特徴は、競馬ファンの目線からはどう見えているだろうか。ブームが広がりを見せる3月下旬、競馬など公営競技に関するライターで、「ウマ娘」をプレイする様子もYouTubeで配信していたライター・佐藤永記さんに取材した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中