2021年 4月 23日 (金)

「今しかチャンスがない」 大学野球57歳のオールドルーキーは、「生涯フルスイング」で挑戦を続ける

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!
「57歳のオールドルーキー。初陣となった名大との試合でレフト前へヒットを放つという鮮烈デビューを残した。是非背番号89(野球)を見にグラウンドへ足を運んで欲しい」

   愛知大学野球リーグ3部を戦う名古屋工業大学硬式野球部の公式ツイッターは、2021年2月末にとある「新人選手」を紹介。「すごいおっちゃん」「めちゃくちゃ応援してまう」と話題を呼んだ。

   選手の名前は、加藤文彦。普段は仕事をしながら大学の夜間学部に在籍し、土日に練習を重ねている。なぜ、彼は大学野球に挑戦することになったのか。J-CASTニュースは21年3月28日、名古屋のグラウンドで加藤選手に話を聞いた。

  • バットを構える加藤文彦選手
    バットを構える加藤文彦選手
  • チームでは若い選手とともにプレーしている
    チームでは若い選手とともにプレーしている
  • バットを構える加藤文彦選手
  • チームでは若い選手とともにプレーしている

「すごく野球が好き」「チームの雰囲気が明るく」同僚たちの声

「ふるさと納税でもらった冷凍マグロの刺身を、朝に食べたんですよ。そうしたら、解凍が足りなかったみたいで。お腹を下したまま試合に臨んだんですが、幸運にもヒットを打つことが出来た。マグロで当たって、マグレでバットも当たったという感じですね」

   57歳の大学野球一年生は、「初ヒット」の記憶を冗談めかして振り返った。20年11月3日、名古屋大学とのオープン戦。実戦初出場となった加藤選手は、6回の初打席でレフト前へ流し打ち。ヒットを放った。

   左投げ左打ちで、背番号は89。「野球」とも読めるその番号は、子どもの頃から尊敬していた王貞治さんが、ダイエー・ソフトバンクの監督時代につけていたものだ。ともにプレーするのは、10代〜20代の若者たち。親と子ほどの年齢差がある加藤選手のことを、どう見ているのだろうか。

「(同期に50代の選手がいると知ったとき)とても驚きました。最初はコーチとしていらしたのかなと思っていました。でも、実際は選手としてバリバリやっている。すごく野球が好きなんだなというのは感じます。自分たちのモチベーションを引き上げてくれるような、そんな同期です」(同期入部・上田健生選手)
「練習でノックを受けている時も、一球一球、みんなが文彦さんに声をかけるので、チームの雰囲気が明るくなりますね。土日練習では、誰よりも早くグラウンドに来て、道具を準備してくれます。チームのために率先して動く姿勢は、他の下級生にもいい影響を与えていると思います」(キャプテン・横山大耀選手)

   加藤選手は「私にとって江川卓といえば『怪物』ですが、若い選手にとっては『テレビに出ている人』。自分が当たり前のように知っている選手が、他の部員の方には通じなかったりします」とジェネレーションギャップを口にする。

   彼はなぜ、若者とともに泥にまみれる道を選んだのだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中