2021年 4月 14日 (水)

「おしん」、2度もボツに 橋田さんが明かしていた「裏話」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   大ヒットドラマ「おしん」の企画は2度もボツになっていた――2021年4月4日亡くなった脚本家の橋田壽賀子さんは生前、著書でそんな裏話を明かしていた。

   平均視聴率は52.6%。最高視聴率62.9%。テレビドラマ史上でダントツの記録をつくった国民的ドラマ。橋田さんの執念とこだわりがなかったら、そのまま「オクラ」になり、視聴者の目に触れることがなかったかもしれない。

  • 「連続テレビ小説 おしん 完全版 一 少女編」DVD
    「連続テレビ小説 おしん 完全版 一 少女編」DVD
  • 「連続テレビ小説 おしん 完全版 一 少女編」DVD

「こんな暗くて地味なドラマはダメ」

   1983年から1年間、NHKの連続テレビ小説として放映された「おしん」。苦難に負けず生きぬく薄幸な少女の物語は驚異的な反響を呼び、のちにアジアを中心に世界約70の国や地域でも放映された。

   橋田さんの著書『おしんの心』(小学館文庫、2013年)によると、直接のきっかけになったのは、明治生まれの女性からもらった長い手紙だった。そこには、米一俵で奉公に出され、その後、女郎に売られたが、なんとか逃げ出し、ミシンを習って自立したという苦難の半生が記されていた。

   この手紙をヒントに、明治・大正・昭和を生きた女性の生涯を紡ぐことで経済的な豊かさの意味を問うドラマを作ろうと思い立ち、さっそく大まかなストーリーを作った。

   最初に企画を持ち掛けた先はTBSだった。しかし、昼の帯ドラマの担当者はにべもなかった。「いまどき、こんな暗くて地味なドラマはダメですよ。時代遅れです」。

   あきらめきれずに、さらにNHKにも持ち込んだ。担当のプロデューサーはこう言った。「山形が舞台じゃねぇ。これぇ、ドラマにしても、雪のシーンばかりになって、色がない。話がね、第一、暗いし・・・」。

   それから約3年後。NHKから、「テレビ放送開始30周年の記念ドラマをつくりたい」という話が持ち込まれた。そこで改めて同じ企画を出して、ようやく日の目を見たというのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中