2021年 4月 15日 (木)

日ハム中田翔「バット叩き割り」報道にファン辛辣 「道具は大切に」と諭す声も

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   プロ野球の日本ハムは2021年4月7日、札幌ドームでソフトバンクと対戦し2-6で敗れた。

   日ハムはドラフト1位ルーキー伊藤大海(23)が先発し、ソフトバンク打線に7回11奪三振の力投を見せたが打線の援護がなく初黒星。チームはこれで6連敗(2分け挟む)となり、開幕から低迷が続いている。

  • 中田翔選手(提供:アフロ)
    中田翔選手(提供:アフロ)
  • 中田翔選手(提供:アフロ)

不甲斐ない打席にいらだち募り...

   1点リードの7回、伊藤が1死1、3塁のピンチを迎えた。

   伊藤は中村晃外野手(31)を投手ゴロに打ち取り併殺を狙って2塁へ送球。これを遊撃手・中島卓也(30)が捕球できず、この間に3塁走者がホームにかえり同点。続く松田宣浩内野手(37)にレフトフェンス直撃のタイムリー2塁打を許し逆転された。

   打線は連敗ストップに向けて踏ん張るルーキーを助けられなかった。この日唯一の得点シーンは4回。1死2塁の場面で大田泰示外野手(30)がレフトスタンドに2ランを叩き込んだ。その後はソフトバンクのリリーフ陣を打ち崩すことが出来ず、終わってみれば計3安打2得点だった。

   開幕からチームの状態が上がってこない日ハムだが、主砲・中田翔(31)は自身の不甲斐ない打席にいら立ちを隠せなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中