2021年 5月 14日 (金)

優勝直後のウマ娘「ゴルシポーズ」が話題沸騰 オタクレーサー小野寺玲は、今日も「アニメを原動力」に戦う

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   雨風の中開催されたジャパンサイクルリーグロードレースツアーの第2戦、ゴール1着を「ゴルシポーズ」で走り抜けた選手がいた。宇都宮ブリッツェン所属のプロロードレーサー・小野寺玲選手(25)である。

   愛称は「オノデライダー」。かなりのアニメ好きとして知られており、SNS上では「日本で一番自転車ロードレースが強いオタク」と評する声もある。ゴールを切る際にはアニメなどから着想を得たポーズ「オノデライダーポーズ」を披露するのが恒例となっており、今回の「ゴルシポーズ」も人気ゲームから着想を得たものだという。

   J-CASTニュースは2021年4月5日、小野寺選手の「ポーズ」にかける思いやアニメ好きだという素顔に迫った。

(聞き手・構成/J-CASTニュース編集部 瀧川響子)

  • 宇都宮ブリッツェン所属のプロロードレーサー・小野寺玲選手(25)
    宇都宮ブリッツェン所属のプロロードレーサー・小野寺玲選手(25)
  • 右手を高く左手は肩あたりに掲げ、跳ね上がった馬のように構えた
    右手を高く左手は肩あたりに掲げ、跳ね上がった馬のように構えた
  • 「ゴールドシップ」がレースで勝利したときに披露する1着のポーズだ
    「ゴールドシップ」がレースで勝利したときに披露する1着のポーズだ
  • 愛称は「オノデライダー」。かなりのアニメ好き。
    愛称は「オノデライダー」。かなりのアニメ好き。
  • アニメ「坂本ですが?」から「スタンディング・アテンション」(雨の中タクシーを呼ぶポーズ)
    アニメ「坂本ですが?」から「スタンディング・アテンション」(雨の中タクシーを呼ぶポーズ)
  • アニメ「Steins;Gate(シュタインズゲート)」の鳳凰院凶真のポーズ。いつかコスプレにも挑戦したいという。
    アニメ「Steins;Gate(シュタインズゲート)」の鳳凰院凶真のポーズ。いつかコスプレにも挑戦したいという。
  • 「変態仮面」のポーズ
    「変態仮面」のポーズ
  • 「レースに勝つ。ポーズをする。これが今後の抱負、目標になります。 」
    「レースに勝つ。ポーズをする。これが今後の抱負、目標になります。 」
  • 宇都宮ブリッツェン所属のプロロードレーサー・小野寺玲選手(25)
  • 右手を高く左手は肩あたりに掲げ、跳ね上がった馬のように構えた
  • 「ゴールドシップ」がレースで勝利したときに披露する1着のポーズだ
  • 愛称は「オノデライダー」。かなりのアニメ好き。
  • アニメ「坂本ですが?」から「スタンディング・アテンション」(雨の中タクシーを呼ぶポーズ)
  • アニメ「Steins;Gate(シュタインズゲート)」の鳳凰院凶真のポーズ。いつかコスプレにも挑戦したいという。
  • 「変態仮面」のポーズ
  • 「レースに勝つ。ポーズをする。これが今後の抱負、目標になります。 」

「ゴルシポーズ」を決められたことに安堵

   ジャパンサイクルリーグロードレースツアーの第2戦宇都宮清原クリテリウムが2021年3月28日に開催された。クリテリウムとは周回コースを争う自転車ロードレースのことで、今回の舞台は宇都宮市清原工業団地。当日は雨風に晒され、落車してしまう選手も現れた。

   そんな悪条件の中、1着でゴールを切った小野寺選手は、右手を高く左手は肩あたりに掲げ、跳ね上がった馬のように構えた。アプリゲーム「ウマ娘プリティーダービー」に登場するキャラクター「ゴールドシップ」が、レースで勝利したときに披露する1着のポーズだ。小野寺選手は今回の優勝で、宇都宮清原クリテリウム4連覇を達成した。その喜びを、キャラクターのポーズを用いながら全身で表現したのである。

   ――まずは今回の4連覇達成についての感想をお聞かせください。

「素直に嬉しいのとほっとしているというのが一番でしたね。4連覇を期待する声が多く寄せられてきた中で、もし達成できなかったら、自分も落胆するでしょうし、楽しみにしてきてくれた人たちを落胆させてしまう。そうなってしまったらどうしようという不安も抱えていたので、まずしっかりとゴールでポーズを決められたことに安心しました」

   ――「ポーズを決められたこと」ですか。

「僕が今までポーズを決めているレースというのは、割と勝ちを確信して予習をしてきています。しかし今回に限っては最後までハラハラドキドキ、自分自身も最後まで余裕がなかったので『ポーズができるか』というのも不安要素の一つでしたね。後から映像や写真を見て、何とかわかる形になっていて安心しました」

   ――非常にきれいに決まっていましたが、やはり練習されてきたんですね。

「ゴールスピードとなると時速60~70キロくらいになってくるので、そこで危険な動きにならないように、安定してきれいなポーズをとるというのは、けっこう難易度が高く練習が必要です。
『ゴルシポーズ』については、知ったのがレース1~2週間くらい前。SNSなどで見たときに『あっこれ使えるかも』と思って、調べたら『ウマ娘』に出会い、アニメを見て、ゲームをやり、『このポーズ』だというところにたどり着きました。
そして『自転車の上でどうしたら見栄えが良くなるか』とか『どのくらいまでなら安全にできるか』というのを、だれにも見つからないような場所で一人、鏡を見ながら練習しました。
ただ本番は本当にキツイ中、最後の一瞬で披露するのでどうなるか分かりません。とりあえず頭の中で、これをやるぞっていうイメージをひたすら高めていました」

   ――そういえば小野寺選手は「ウマ娘」の育成と自身のトレーニングとは通じるものがあるとブログに記されていますが、それはどんな点でしょうか。

「『ウマ娘』の育成のモードでは、スピード、スタミナ、パワーなど5つほど育成項目があり、一つ一つ練習メニューをこなしていくと、当然体力も減るしモチベーションも変動します。すごく生々しい現実をゲームにも落とし込んでいる。自分もお休みすれば体力が回復するし、お出掛けすればやる気も上がります。
またそれぞれのウマ娘の特性に合ったトレーニングを進めていき、目標とするレースに勝っていく流れが、僕たちロードレース選手のやっていることそのものだったんですね。ロードレースでも、脚質に合ったトレーニングをしてしっかり休養を取ってレースに向けて調整していきます。そういった共通点を感じて、奥が深いなと思いましたね」

   ちなみに小野寺選手は「スプリンター」と呼ばれる脚質で、ゴール前にスパートをかけて勝負するタイプだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中