2021年 5月 9日 (日)

松井珠理奈「卒コン」異例演出のなぜ 後輩にステージを譲った理由、「あの総選挙」から読み解く

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   SKE48の松井珠理奈さん(24)の卒業コンサートは、通常であれば「主役」が大半の楽曲に出演する、アイドルの卒業コンサートの慣例からは離れた異例の構成となった。

   コンサートは2021年4月11日に日本ガイシホール(名古屋市南区)で昼夜2公演が行われ、昼公演では、アンコールを含めて全28曲のうち10曲を後輩メンバーのソロ曲にあてた。夜公演でも若手メンバーによるユニット曲のコーナーが設けられた。

   この根底にあるのが、グループのメンバーに対する信頼と「成長してほしい」という思いだ。特に前者については、18年の選抜総選挙での出来事が大きく影響していたことを初めて明らかにした。松井さんが48グループ内でのSKE48のあり方について相半ばする感情を抑えきれなくなる中、後輩メンバーの取った行動で信頼を深め、卒業の決断を後押ししていた。

  • SKE48の松井珠理奈さんは、メンバーが作った花道を歩いてステージを後にした (c)2021 Zest,Inc./AEI
    SKE48の松井珠理奈さんは、メンバーが作った花道を歩いてステージを後にした (c)2021 Zest,Inc./AEI
  • 高柳明音さん(右)の卒業コンサートには、卒業生の松井玲奈さん(左)がサプライズで登場した (c)2021 Zest,Inc./AEI
    高柳明音さん(右)の卒業コンサートには、卒業生の松井玲奈さん(左)がサプライズで登場した (c)2021 Zest,Inc./AEI
  • SKE48の松井珠理奈さんは、メンバーが作った花道を歩いてステージを後にした (c)2021 Zest,Inc./AEI
  • 高柳明音さん(右)の卒業コンサートには、卒業生の松井玲奈さん(左)がサプライズで登場した (c)2021 Zest,Inc./AEI

「大きな会場で、ソロで歌うということを経験してもらって成長してもらいたい」

   松井さんは21年2月掲載のJ-CASTニュースのインタビューで、卒業コンサートの演出について「SKE48の未来を感じられるような内容にできたらいい」として、松井さん以外のメンバーにも出番を分配したい考えを説明。

「ぜひ、私のファンの方以外にも見ていただきたいですね。自分の推しメンが、『あっ、こんなことになってる!』という可能性もあるので。(笑)」

と話していた。

   この考え方が形になったといえるのが、昼公演のソロパートだ。松井さんは昼公演と夜公演の間に報道陣の取材に応じ、特に昼公演は「(松井さんによる)プロデュースコンサートのような気持ち」で準備に臨んだことを明かした。ソロパートの狙いについて

「いろんなメンバーに大きな会場で、ソロで歌うということを経験してもらって成長してもらいたいなと思った」

と説明した。10人の中では、20年7月に劇場デビューしたばかりの10期生から林美澪さん(12)も抜擢。林さんはパフォーマンス直後のトーク部分(MC)で、

「今日は初めてひとりで、そこ(ステージ)で歌って、すごい緊張しました。手汗がやばかったです」

と興奮冷めやらぬ様子で話した。須田亜香里さん(29)は、夜公演後の動画番組で、演出の意義を

「後輩ひとりひとりの魅力とかを見た上で曲を選んで、見てくださっている方にも『SKEって、今こんなすてきな子がいるんだよ』というのを見せてくれたんだろうな、というのが...」
「おじゅりちゃんが『SKE見て!すてきでしょ!』という感じがあふれているのが、いとおしかった」

と解説。ソロパートで板野友美さん(29)の「Dear J」を披露した8期生の井上瑠夏さん(19)も番組の中で、松井さんの指導ぶりを振り返った。

「『頑張ってね』じゃなくて『一緒に頑張ろうね』と言ってくださったのが、すごく心強くて...。すごくうれしかったです。そのひとことが」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中