2021年 6月 20日 (日)

四球、四球、四球の大乱調 オリックス、9回に悪夢の逆転負け「先発が気の毒すぎる」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

16日ロッテ戦は8回に同点3ランを...

   平野の抹消に加えて漆原大晟投手(24)の不調も不安材料となる。16日のロッテ戦では3点リードの8回に登板し、1死1、2塁の場面でロッテ安田尚憲(22)に同点3ランを浴びて試合は3-3の引き分けに。7回まで5安打無失点の先発・山岡泰輔投手(25)に勝ちを付けることが出来なかった。

   痛恨の逆転負けでロッテとの3連戦は2敗1分け。連敗ストップまでアウトカウントあとひとつに迫りながらも「悪夢」の逆転負けにインターネット上では、オリックスファンから「先発が気の毒すぎる」との声も。チームの借金は膨らむ一方で、光明を見いだせないでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中