2021年 10月 17日 (日)

「ノーマスクピクニック」復活運動に批判相次ぐ 発起人は「コロナは茶番」を主張...公園側は対応苦慮

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   コロナ禍の中でマスクを着けずに楽しむとした「全国同時ノーマスクピクニックデー」は、物議を醸して全面中止が発表されたが、そのノーマスクピクニックを復活させる運動がツイッター上で提唱されている。

   提唱者は、「コロナは茶番」と訴えるユーザーで、同じゴールデンウイーク中に行うとしている。これに対し、会場とされた都立公園では、マスク着用を呼びかけているだけに、騒ぎが収まらないことに苦慮している様子だ。

  • 砧公園サイトでは、マスク着用などを呼びかけているが…
    砧公園サイトでは、マスク着用などを呼びかけているが…
  • 砧公園サイトでは、マスク着用などを呼びかけているが…

ノーマスクピクニックは、安全を考えて全面中止を発表したが...

   全国同時ノーマスクピクニックデーを告知するサイトでは、「2019年の笑顔を取り戻そう」と、2021年5月1、2日の土日に東京や大阪、福岡、沖縄など全国17か所の公園などで行うとしていた。それぞれの主催者は、そのツイートなどを見ると、コロナやワクチンはまやかしだとする陰謀論を主張している。

   ところが、4月19日になって、ツイッター上でこの企画が批判的に取り上げられ、「ノーマスクピクニック」がトレンド入りした。全国紙のウェブ版や都議のツイートにも取り上げられる騒ぎになり、翌20日になってサイト上で全面中止すると発表した。その理由としては、「予期せぬ形での拡散・報道により、個人的な誹謗中傷なども多く見られたため、参加者の身の安全を考慮した結果」だとしている。

   しかし、「これからも私たちは信念を持って、歩み続けます」などと主張を曲げない姿勢を示したため、実際は何らかの形でやるのではないかとの憶測も出ていた。

   今回、復活を提唱するユーザーは、この企画が出たときに、プラカードを持つなどした方が気持ち悪がられて安全だなどと意見をツイートしていた。そして、全面中止が発表されると、そのことを批判して自らがピクニックをやるつもりだと明かしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中