2021年 10月 17日 (日)

業務スーパー発の焼肉店、コロナ禍でも絶好調 「今は逆にチャンス」仕掛け人は語る

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   新型コロナウイルスの感染拡大で飲食業界が苦境の中、焼き肉食べ放題「プレミアムカルビ」が出店攻勢をかけている。

   独自の戦略で好業績をたたき出し、全国展開を虎視眈々と狙う。運営するのは、食料品店「業務スーパー」で知られる神戸物産。新たな収益の柱と位置づける。

  • プレミアムカルビ公式サイト
    プレミアムカルビ公式サイト
  • デザート&ジェラートビュッフェ
    デザート&ジェラートビュッフェ
  • プレミアムカルビ公式サイト
  • デザート&ジェラートビュッフェ

目玉は「デザート&ジェラートビュッフェ」

   プレミアムカルビは18年12月に1号店(宮前平店、神奈川県川崎市)がオープンした。現在は関東郊外のロードサイドに6店舗を構え、うち4店はコロナ禍の20年11月~翌年4月に出店した。

   知名度は決して高くない。広告宣伝費もほとんどかけていないというが、休業・時短要請に応じながら売上は右肩上がりで黒字を維持する。年内に中途社員50人を採用し、23年末までに40店に拡大、最終的には全国に100店を目指す。

「普通の焼肉屋だと思って入店していただくと、すぐ目の前にある本格的なデザートがドーンと目に入り、驚きとワクワクを感じていただけます」

   事業の企画段階から携わる神戸物産焼肉事業部の梅岡義央さんは、店の魅力をこう話す。

   「食の総合商社」を標榜する同社は、焼き肉食べ放題市場の成長を背景に参入を決めた。業務スーパーの物流網を活用できるなど強みを生かせる業態でもあった。

神戸物産決算資料より
神戸物産決算資料より

   ブランド名になっている「カルビ」を看板商品に、66品3278円(税込)、105品3938円(同)の100分食べ放題メニューを揃える。

メニュー構成
メニュー構成

   もう一つの目玉が、食べ放題に付く「デザート&ジェラートビュッフェ」だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中