2021年 10月 22日 (金)

「話にならん」G党呆れた初球暴投 原巨人「リリーフ崩壊」で悪夢の3位転落

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   プロ野球の巨人は2021年4月25日、東京ドームで広島と対戦し8-9で敗れた。

   巨人は1点ビハインドの6回に中継ぎ陣が炎上した。平内龍太(22)、高木京介(31)、田中豊樹(27)の3投手で計5失点。8回に打撃陣が奮起し6点を奪ったものの、9回に中川皓太(27)が広島に決勝点を許して敗戦。6回の5失点が大きく響き、チームは2位ヤクルトとゲーム差なしの3位に転落した。

  • 原辰徳監督(2014年撮影)
    原辰徳監督(2014年撮影)
  • 原辰徳監督(2014年撮影)

3番手・高木は1死も取れずに降板...

   2点を返した直後の6回、2番手・平内がつかまった。5回途中から回をまたいでのマウンドとなった平内は1死から3連打を浴びて1失点。平内はここで降板し、3番手・高木がマウンドへ。1死1、2塁から鈴木誠也(26)を四球で歩かせ満塁とし、西川龍馬(26)にセンター前に運ばれた。続く長野久義(36)にもタイムリーを許し、高木は1死も取れずに降板となった。

   1死満塁のピンチの場面を託されたのは4番手・田中だ。ところが田中は磯村嘉孝(28)に対する初球の直球がひっかかり暴投。外側にワンバウンドした球を捕手・大城卓三(28)が止めきれず、3塁走者がホームイン。さらに磯村には犠牲フライを許して2点目を献上。リードは6点に広がった。

   大量リードを許し、敗色ムードが漂うなか、打線が8回に爆発した。広島自慢のリリーフ陣を攻め立て一挙6得点の猛攻で同点に追いついた。結局、9回に逆転され勝利はならなかったが、広島をあと一歩のところまで追い込んだだけに、中継ぎ陣が踏ん張り切れなかった6回の5失点が悔やまれる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中