2021年 5月 18日 (火)

「あの判定は酷かった」ファン不満爆発 オリックス「悲劇のリクエスト」で痛恨ドロー

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   プロ野球のオリックスは2021年4月27日、京セラドームで楽天と対戦し9回5-5で引き分けた。

   オリックスは3点リードで迎えた9回にリリーフ陣が崩れ同点に追いつかれた。この回は両軍から計3つのリクエストが出る展開となり、オリックスは2つのリクエストを要求するも判定は覆らず。チームは3点差を守り切れず2試合連続の痛い引き分けとなった。

  • 画像はイメージ。
    画像はイメージ。
  • 画像はイメージ。

山足のベースタッチ認められず...

   3点リードの9回、オリックス3番手K-鈴木(27)は先頭・辰己涼介(24)を四球で歩かせ、続く代打・岡島豪郎(31)の打球は3塁ゴロに。併殺を狙った山足達也(27)は2塁に送球。これが1塁側へそれ、カバーに入った2塁手・大城滉二(27)の右足がベースから離れてセーフに。この判定を巡ってベンチが動いた。

   中嶋聡監督(52)はこの日1回目のリクエストを要求。だが判定は覆らず走者はそのままで無死1、2塁に。ここでK-鈴木が降板し、4番手・山田修義(29)が後を継いだ。

   オリックスのピンチはなおも続き、山田が代打・茂木栄五郎(27)を四球で歩かせ無死満塁に。この場面で小深田大翔(25)の打球は再び3塁ゴロとなり、これを山足が捕球。山足は3塁ベースに触れてからホームに送球し、3塁走者の辰己がタッチアウト。だが、山足のベースタッチが認められずダブルプレー成立はならなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中