2021年 5月 15日 (土)

Adoが「うっせぇわ」作詞?フジ「アンビリバボー」に猛ツッコミ 番組訂正「syudouさんでした」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   2021年4月29日に放送された「奇跡体験!アンビリバボー」(フジテレビ系)について、視聴者から猛ツッコミが入ってしまった。

   この日、番組冒頭では2020年10月のリリース以降話題の楽曲「うっせぇわ」について特集。同曲を歌唱した歌手のAdoさんからのコメントを紹介するなどしたが、その紹介の際に、「歌詞書いたのsyudouさんだが???となった」といったツイートがネット上に噴出したのだ。

  • YouTubeでのミュージックビデオの再生回数が1億回を突破した「うっせぇわ」
    YouTubeでのミュージックビデオの再生回数が1億回を突破した「うっせぇわ」
  • YouTubeでのミュージックビデオの再生回数が1億回を突破した「うっせぇわ」

「『うっせぇわ』の作詞者はAdoさんじゃなくて、syudouさんなんだけど」

   番組ではナレーターがAdoさんのコメントを読み上げる形で本人からの言葉を紹介。当該箇所は番組放送開始から3分ほどたったところで、ナレーターは、

「『ヒットしたらいいな! とは思っていたんですが、まさか本当にそうなるとは思ってもみませんでした。本当に夢のようです』と、あの過激な歌詞を書いた人とは思えないぐらい謙虚」

と、Adoさんからのコメントを紹介した。

   だが、「うっせぇわ」は作詞と作曲を音楽プロデューサーのsyudouさんが担当しており、「あの過激な歌詞を書いた人とは思えない」というのは、どう考えても文脈にあわない表現だ。このため、当該箇所が放送されるや、ネット上では前述のものの他にも、「『うっせぇわ』の作詞者はAdoさんじゃなくて、syudouさんなんだけど」といったツッコミが相次いでしまったのだ。

   なお、この件について、番組側は公式サイトに「4月29日放送の番組中で『うっせぇわ』を紹介した際、Adoさんご自身が作詞者であるかのような表現がありましたが、この曲の作詞作曲者はsyudouさんでした。謹んで訂正致します」とのコメントを掲載している。

   J-CASTニュースは30日、今回のナレーションが流れた理由についてフジテレビに取材したが、広報は「番組ホームページに掲載させて頂いた通りです」とだけ答えた。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中