2021年 5月 15日 (土)

ファンの評価低い?巨人・炭谷の「本当の価値」 小林よりも重要視される理由とは

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

戸郷を育てたのも炭谷?

   同じ記者はさらに続ける。

「巨人でも戸郷翔征が高卒2年目の昨季に9勝とブレークしましたが、18試合の先発登板のうち、炭谷が17試合で先発マスクとほぼ『専属捕手』でした。戸郷の急成長は炭谷のサポートが非常に大きい。
18年オフに西武からFA宣言した時も数球団で争奪戦になりました。良い捕手として評価されている証だと思います」

   大城が正捕手の座をつかみつつある中、炭谷も首脳陣の信頼は厚い。3番手に岸田、ファームに小林という序列になっている。

   ペナントレースは長い。大城がこのまま不動の正捕手に成長するか、それとも炭谷、岸田、小林が巻き返すか。他球団がうらやむ豪華捕手陣の競争に要注目だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中