2021年 5月 15日 (土)

JAL・ANA「空の食」通販が人気 ラウンジカレーや機内食...「地上商戦」が活発化

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

JALは機内食よりラウンジのビーフカレーを先行して売り出す

   JALは機内食よりも、国際線ラウンジのカレーを先行して売り出した。ANAはチキンカレーを提供するのに対して、JALが出しているのはビーフカレー。大ぶりにカットされたビーフの食感や、独特なスパイスの香りが人気で、一部では熱心なファンもいる。コロナ禍で国際線に乗る機会がなくなった分、ラウンジでカレーを食べる機会がなくなったことを残念がる声も出ていた。20年6月には、成田空港近くの古民家レストラン「御料鶴」(ごりょうかく)でも食べられるようになったが、通販を望む声もあった。

   こういったことを背景に、グループ内商社のJALUXが20年8月にマイレージ会員向けに公式通販サイトで発売し、10月には対象を一般客に拡大。11月まで販売した。販売終了後も再販の要望が多かったことに加えて、「お客さまに暮らしの中でJALを感じていただける商品・サービスの拡充を目指す一環」(JALUX)として、21年4月26日に再販を始めた。価格は1キロ入り(5食分)を2袋セットで6500円(税込)。

   カレー再販に関する発表資料の中で、「JAL国際線の機内食の販売も近日中に実施」することも明らかにされている。エコノミークラスの機内食の販売を想定しており、発売時期や価格などの詳細は「後日改めて発表させていただきます」(同)としている。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中