2021年 6月 14日 (月)

「めっちゃキレてる」「ここまで怒るなんて」 中日・京田陽太、死球に感情むき出し

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   プロ野球・中日の京田陽太野手(27)が、2021年5月5日(こどもの日)のDeNA戦で感情をあらわにするシーンがあった。

  • 京田選手(選手写真:AFP/アフロ)
    京田選手(選手写真:AFP/アフロ)
  • 京田選手(選手写真:AFP/アフロ)

「マリンを思い出した」

   0対4で迎えた8回裏、2アウト2、3塁のチャンスで打席に立った京田選手は、山﨑康晃投手から死球を受けた。直球が臀部(でんぶ)付近に直撃し、その場で崩れ落ちた。

   直後に怒りが爆発した。バットを勢いよく叩きつけ、駆け付けたトレーナーとボールパーソンに肘当てやバッティング手袋を放り投げた。前回の同一カードでも、山﨑投手からデッドボールを受けていた。

   SNS上ではファンらからは「京田君めっちゃキレてるやん。。」「京田がここまで怒るなんて」と驚きの声が続出している。

   「初めてでも無いよね」「マリンを思い出した」との指摘も少なくない。2019年のロッテ戦、9回に5点差をひっくり返されサヨナラ負けした試合だ。

   京田選手はグラウンドから引き上げる際、ベンチの壁を蹴飛ばし、コーチが思わず静止に入った。その後もグラブをベンチに叩きつけた。普段は温厚な京田が感情をむきだしにし、他の選手が驚くほどだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中