2021年 6月 13日 (日)

井上尚弥のKO防衛は「必然」か 世界ランク1位相手でも見つからない不安要素

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   ボクシングのWBA、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(28)=大橋=の次戦が2021年6月19日(日本時間20日)に開催されることが決定した。井上と契約する米興行大手トップランク社が5月5日に発表した。

   対戦相手は、IBF同級1位マイケル・ダスマリナス(28)=フィリピン=となり米ラスベガスで開催される。井上にとってWBA王座は5度目、IBF王座は3度目の防衛戦となる。

  • 井上尚弥
    井上尚弥
  • 井上尚弥

舞台は2度目の本場ラスベガス

   「モンスター」の今年初戦がようやく決まった。相手は長らくIBFバンタム級1位の座を維持してきたダスマリナスだ。舞台は昨年10月のジェーソン・モロニー(オーストラリア)戦に続いて本場ラスベガスが用意された。前回は無観客で開催されたが、今回の防衛戦は有観客が計画されている。

   井上にとって約7カ月ぶりとなるリング。指名挑戦者でもあるダスマリナスはどのようなボクサーなのか。

   ダスマリナスは戦績30勝(20KO)2敗1分けのサウスポーで、2012年1月に19歳の若さでプロデビューしている。

   そのキャリアを振り返ると、ダスマリナスはプロ4戦目でKO負けを喫し、その後15連勝を飾っている。連勝の勢いそのままにマイナー団体のIBO世界スーパーフライ級王座に挑戦し12回判定負けを喫した。その後はWBCユースタイトル、フィリピン国内王座を立て続けに獲得し、16年4月に階級を1つ上げてバンタム級に転向した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中