2021年 6月 13日 (日)

「クレベリン」バブル崩壊、大幸薬品が赤字転落 打開策はペット用?

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   大幸薬品が5月7日に発表した2021年12月期第1四半期(1~3月)の連結営業損益は、約2億円のマイナスと大幅に悪化した。

   新型コロナウイルスの感染拡大以降、業績を牽引した空間除菌剤「クレベリン」の売れ行きが落ち込んだためだ。

  • クレベリンのラインアップ
    クレベリンのラインアップ
  • <【リリース全文】ペット用クレベリンが救世主に?>
    <【リリース全文】ペット用クレベリンが救世主に?>
  • クレベリンのラインアップ
  • <【リリース全文】ペット用クレベリンが救世主に?>

積極投資が裏目に?

   売上高は前年同期比21.3%減の約32億7000万円、本業のもうけを示す営業利益は1億9000万円の赤字(前年同期は5億6000万の黒字)、当期純利益は1億4000万円の赤字(同2億7000万円の黒字)と、前年同期から一転、大幅に悪化した。

   稼ぎ頭の感染管理事業の低調が響いた。クレベリン(関連商品「クレベ&アンド」含む)は、競合含め除菌商品が供給過多となり、同セグメントの売上高は23億6000万円(前年同期28.3%減)にとどまった。

   20年12月期連結決算(決算期変更のため9か月分のみの実績)は、コロナ禍でクレベリンの需要が急拡大し、売上高が175億8000万円、当期純利益が38億5000万円といずれも過去最高を達成していた。

   新工場稼働による生産能力向上、チャネル拡大をにらんだ業務用機器「クレベリン発生機 エレクローラー」の発売や医療機関への無償提供、グローバル展開に向けた海外法人の設立など、クレベリンへの投資を加速していたが、暗雲が立ち込めた格好だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中