2021年 6月 18日 (金)

「自粛」求め続けてきたのに「パーティー参加」 日医会・中川会長に「失望」の声...会見で説明も収まらず

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   日本医師会・中川俊男会長が、東京都に「まん延防止等重点措置」が適用されていた最中に政治資金パーティーに参加していたと報じられたことをめぐり、ツイッター上では厳しい指摘が相次いでいる。

   これまで国民や国に対し、新型コロナウイルスの感染拡大防止に努めるよう何度も呼びかけてきた中川会長。今回の問題に対しては「失望しかないです」「もう説得力も何もない」などの声が聞かれている。

  • 日本医師会(写真:アフロ)
    日本医師会(写真:アフロ)
  • 日本医師会(写真:アフロ)

厚労省・送別会問題には「無自覚な行動は国民への背信」

   中川氏は2020年6月、日本医師会の会長に就任。毎週水曜日に行われる定例記者会見を通じ、国民に向け感染対策の重要性を訴えてきた。

   たとえば「GoToトラベルキャンペーン」が実施されていた20年11月18日には、「『GoToトラベル』自体から感染者が急増したというエビデンス(根拠)はなかなかはっきりしないが、きっかけになったことは間違いないと私は思っている」と私見を示したうえで、「コロナ慣れしないでください。甘く見ないでください」と呼びかけた。

   さらに、忘年会やクリスマスシーズンを控えた同年12月16日には「新型コロナに年末年始はない。忘年会やクリスマスの時期だが、大勢集まって盛り上がると、さらなる感染拡大と重症者の急増につながる」と危機感をあらわに。「今年は静かなクリスマス、サイレントナイトでお願いしたい」としゃれの利いたメッセージも発信していた。

   時には「国民」の側に立ち、国に釘を刺すこともあった。

   東京都などに2度目の緊急事態宣言が出される直前の21年1月6日には、「緊急事態宣言下において、全国会議員の夜の会食を人数にかかわらず全面自粛してはいかがか」と提案。「まず隗(かい)より始めよだ。国民に生じた緩みの解消につながる」と語っていた。

   また、2度目の緊急事態宣言解除直後の3月24日に、厚労省職員23人が深夜まで送別会を開いていた問題について、3月31日の会見で「今回の無自覚な行動は国民への背信であると同時に、コロナ対策に日夜頑張っている医療関係者や、同僚である厚労省職員の努力を踏みにじるものである」と批判した。

「会長職を退くつもりは全くない」

   時には厳しい言葉を交えながら、感染対策の必要性を訴え続けてきた中川会長。しかし、5月11日に週刊文春が「文春オンライン」を通じ、東京都に「まん延防止等重点措置」が出されていた4月20日、中川会長が自民党・自見英子参院議員による「政治資金パーティー」に参加していたことを報じた。

   報道では「医師会の幹部らを中心に100人規模の参加者が集まった」という医師会関係者のコメントも伝えられている。中川会長は同誌の取材に対し、会場のホテル側と十分な事前協議を行い、感染防止に努めた上で開催したことを説明。しかし、報道を受け、ツイッター上では中川会長に対する厳しい声が相次いだ。

「失望しかないです」
「矛盾・矛盾・矛盾だらけ」
「みんながあなたの言葉でどれだけ我慢してるか、わかりますか?」
「もう説得力も何もない」

   中川会長は5月12日の定例会見冒頭で、今回の報道について言及。パーティーでは食事を提供しないなど感染対策を徹底していたと説明した上で、3度目の緊急事態宣言直前の開催となったことについて「全国で多くの皆さまが我慢を続けている中で、慎重に判断すれば良かった」と語った。

   しかし、ツイッター上では「無責任極まりない」「なんだかなぁ〜」と違和感の声が続出。また、感染対策を徹底した上でパーティーを開催したという説明に対しては、

「その予防対策をしてもなお、休業させられる店がたくさんあるんだけど」
「ならば全く喋らない映画館や演劇だってOKなのでは?」

   と、緊急事態宣言下で休業を強いられている業界を引き合いに出した意見も聞かれた。

   中川会長は自身の進退について「会長職を退くつもりは全くない」「これまで以上に国難に対して責務を全力で果たす」としている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中