2021年 6月 13日 (日)

「横浜なめんな」話題で「横浜流星」とばっちり 別々の2番組横断で起きた奇妙な「融合現象」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2021年5月11日に放送されたドラマ「着飾る恋には理由があって」(TBS系)の第4回。冒頭には主演の川口春奈さん(26)と俳優の横浜流星さん(24)が急接近して2ショットを撮影するシーンがあるなど盛りだくさんの内容だったが、その一方で、一部視聴者から、「横浜」をめぐってドラマと世の中があらぬ「フュージョン」を起こしていると指摘する声が上がっているのだ。

   あるツイッターアカウントは「横浜なめんな、って、『着飾る恋』で、横浜流星に川口春奈のファンが言った文句かと思ったぜ」と、川口さんのファンが横浜さんに食って掛かろうとする姿が頭に浮かんだとツイート。また、別のアカウントも「横浜流星『これが横浜だ。横浜なめんな』」と、あたかも、横浜さんが何らかの捨て台詞を吐いている光景が頭に浮かんでしまったとツイートしているのだ。

  • 横浜流星さん(2018年撮影)
    横浜流星さん(2018年撮影)
  • 横浜流星さん(2018年撮影)

横浜をなめてはいけない!?

   これらのツイートに共通する「横浜なめんな」というフレーズだが、このフレーズを使ってドラマに言及するツイートは他にもあり、あるツイッターアカウントは、

「ニュースでやってた『横浜なめんな』からの派生で横浜流星がトレンド入りかと思ったら全然違いました。ごめんなさい」

と、ドラマ放送中にニュース報道を思い出したとする声も。ドラマを見ている最中にニュース報道を思い出すとは随分と飛躍していると言いたくもなるところ。だが、奇しくもドラマが放送された11日には、その思考が決して飛躍しているとは言い難い状況が発生していたのだ。

「横浜に愛着があるのはわかるが、他の横浜市民にとっては迷惑だね」

   同日8時台、「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)で放送されていたのは、「交通トラブル 横浜なめんじゃねえ」と銘打たれた特集。内容は東京ナンバーの車を運転していた男性が横浜市内を運転中、後続の車のドライバーの男性と同乗者の女性から暴言を浴びせられるなどしたというものだった。被害を受けた男性のドライブレコーダーには、その男女から浴びせられた「お前、横浜にけんか売ってんじゃねえぞ! この野郎!」といった暴言が記録されていたほか、男性の証言では「横浜をなめんじゃねえ」という罵声も浴びせられたと報じられていたのだ。

   この特集が放送されるや、ツイッター上では「横浜に愛着があるのはわかるが、他の横浜市民にとっては迷惑だね」といった声が視聴者から上がるなど大反響を呼ぶ事態となったほか、いつしか、「横浜をなめんじゃねえ」というフレーズは「横浜なめんな」という形に「洗練」され、ツイッターでトレンド入りするなど視聴者の間で拡大。しまいには、「シウマイブランケットで簀巻きにしてやるぞ! #横浜なめんな」といった、ネタツイートに使われるまでに認知度が上がるなど、視聴者の間で大流行したのだ。

   その「横浜なめんな」特集が放送されたのと同じ日の22時からは、「着飾る恋には理由があって」が放送されたわけだが......もうお分かりだろう。「横浜なめんな」というフレーズを目にした上で「着飾る恋には理由があって」を見た視聴者の一部が、横浜つながりで横浜流星さんを連想してしまい、前述のようなツイートをしてしまったのだ。「横浜」という珍しい苗字に加え、それと同名の横浜市内での交通トラブルがドラマと同日に放送されてしまったことで、視聴者の脳内でとんだ「融合」が起きてしまったようだ。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中