2021年 6月 19日 (土)

ぴあ「ワクチン予約サービス」で気になる費用 「受付1件1000円程度」の内訳は?誰が負担?運営会社に聞いた

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   チケット販売サイト「チケットぴあ」を運営する「ぴあ」(東京都渋谷区)が2021年5月13日、新型コロナウイルスのワクチン接種予約受付・抽選サービスを自治体向けに提供すると発表した。14日から相談を受け付ける。

   個別予約受付とその抽選が可能になるシステムをパッケージとして提供する。すでに利用の交渉を始めている自治体もあり、早ければ5月中にも一部自治体で稼働を始める見通しという。

   インターネット上ではこの発表直後、発券についてノウハウのある企業がワクチン予約システムを手掛けることに好意的な意見が多く見られた。一方、「受付1件につき千円程度」で予定しているという費用面について、内訳や誰が負担するかを気にする声も一部あった。J-CASTニュースは発表資料で明かされていないことについて、ぴあに取材した。

  • 「ぴあ」ニュースリリース
    「ぴあ」ニュースリリース
  • 「ぴあ」ニュースリリース

1件1000円、その内訳は?

   ぴあは各種イベントのチケット販売を主軸に、イベント主催やホール・劇場ビジネスなど様々な事業を展開している。

   しかし新型コロナウイルス感染拡大の影響により、多くのイベントは中止・延期になったため、同社も大きな打撃を受ける結果となった。そこで、安心してイベントを開催できる社会にすべく、早くワクチンを広めたいとの思いから今回のサービス提供を決めたという。

   気になるのが費用だ。受付1件につき1000円程度という金額の理由について、ぴあの広報担当者は13日、J-CASTニュースの取材に次のように話す。

「現在、交渉を行っている自治体とは、接種券の発券と郵送までを行うことで話し合っています。発送の際には普通郵便ではなく、簡易書留などで送る必要がありますので、2回分で800円程度はかかります。そこに運営するための人件費などを考えると最低でも1000円程度は必要ではないかと考えました」

   自治体によって予算が違うため、具体的な金額については相談しながら決めていくとのこと。接種券の発行はQRコードや電子チケットにも対応可能だという。抽選に落ちた場合、費用はかからないとした。

   また、この費用は誰に対して請求されるのかについては、次のように答えた。

「請求先は自治体になります。交渉している自治体でも利用者から徴収するというお話はありません。1件というのは、基本的には1人2回分の接種と考えています。しかし、自治体によっては、2回に分けて抽選してほしいという要望がある可能性もあります」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中