2021年 6月 23日 (水)

「冷静に考えたらおかしい」 大谷翔平「三刀流」報道にツッコミ相次ぐ

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   メジャーリーグ・エンゼルスの大谷翔平(26)を巡る「三刀流」報道に、インターネット上でツッコミが相次いでいる。

   大谷は2021年5月11日(日本時間12日)、米ヒューストンで行われたアストロズ戦に「2番・投手」として先発出場した。投手として今季最長の7回を投げて4安打1失点10奪三振の力投。8回からはライトの守備につき、打者としては4打数1安打だった。

  • 大谷翔平(編集部撮影)
    大谷翔平(編集部撮影)
  • 大谷翔平(編集部撮影)

ネット上では「完全二刀流が妥当」の声も

   「投手・打者・野手」としてワンマンショーを繰り広げた大谷に対して米メディアは驚きと称賛をもって伝えた。日本ではスポーツ紙のWEB版をはじめとし、テレビなどのメディアが一斉に速報で伝え、その多くが「リアル三刀流」の見出しで報じた。

   2018年にエンゼルスに移籍して以来、大谷は「投手」と「打者」の二刀流として活躍し、この日はこれに「野手」が加わり「三刀流」になった、というわけだ。

   これまでの常識を覆すような大谷の才能に対して日本の野球ファンは興奮を隠さないが、その一方で「三刀流」と題する報道に「冷静に考えたらおかしい」と違和感を持つファンもいるようだ。

   インターネット上では「打撃と守備はDH以外みんなやってるから三刀流だけでも違和感ある」「完全二刀流が妥当」「投手と外野手で二刀流だよな」「普通にやめてほしい」などツッコミが入り、あくまでも「二刀流」だと主張する声が上がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中