2021年 6月 23日 (水)

なぜ人は「サバイバルオーディション番組」に熱狂するのか Twitterから見たブームの構造

Togetter社が解説する「3分くらいで分かる週刊Twitterトレンド」<出張版>

   J-CASTニュース読者のみなさま、おはようございます。ツイートまとめサービスTogetter(トゥギャッター)を運営しているトゥギャッター株式会社です。

   まいにち朝から晩までTwitterに張り付いているTogetterの編集部スタッフがTwitterで話題になった最新の話題を厳選し、簡潔にまとめてお届するコラムの第2回をお届けします。今回のテーマは「サバイバルオーディション番組」です。

   「NiziU」は知ってるけど、彼女たちを生んだ番組まではわからない......という人も多いと思いますが、韓国では15年ほど前からサバイバルオーディション番組のブームが続いています。近年はファンによるSNS投稿の影響力が強くなり、どれだけ「バズるか」が番組の行方にも影響を与えるように。

   そこで、Twitterという側面からサバイバルオーディション番組を解説していきたいと思います。

  • 「NiziU」もオーディション番組から生まれたスターだ(画像は2ndシングル「Take a picture/Poppin’ Shakin’」ジャケット)
    「NiziU」もオーディション番組から生まれたスターだ(画像は2ndシングル「Take a picture/Poppin’ Shakin’」ジャケット)
  • 「NiziU」もオーディション番組から生まれたスターだ(画像は2ndシングル「Take a picture/Poppin’ Shakin’」ジャケット)

サバイバルオーディション番組の歴史

   サバイバルオーディション番組は、大勢のアイドル練習生たちが、視聴者に見守られながらミッションに挑戦し、デビューするメンバーに選ばれることを目指すという形式が一般的です。

   特に有名なのが視聴者を「国民プロデューサー」と呼び、練習生への投票でデビューメンバーを決める韓国発の『PRODUCE 101』シリーズ。「プデュ」という愛称で親しまれ、日本版や中国版も制作されました。

   IZ*ONEやJO1といったアイドルグループも、このプデュシリーズから生まれたものです。Twitterでは日本のHKT48からIZ*ONEに移籍したメンバーである宮脇咲良さんの変貌ぶりが話題になったことも。

<HKT48から韓国アイドルグループに移籍したメンバーの変身ぶりが凄すぎて泣ける「かわいすぎ→美しすぎ」「女の子は魔法使いだな」 - Togetter>

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック