2021年 6月 25日 (金)

西武・十亀剣のリリーフカー「フライング」に「心中お察しします」 「経験者」阪神・岩貞が一言

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   プロ野球・阪神の岩貞祐太投手(29)が2021年5月16日にインスタグラムのストーリーズを更新し、西武の十亀剣投手(33)に意味ありげなメッセージを送っている。

   岩貞投手が言及したのは、この日の試合で中継ぎ登板した十亀投手を見舞った「珍事」である。

  • 西武・十亀がリリーフカーでのハプニングに見舞われたZOZOマリンスタジアム
    西武・十亀がリリーフカーでのハプニングに見舞われたZOZOマリンスタジアム
  • 岩貞投手のコメントに十亀投手も反応(インスタグラムより)
    岩貞投手のコメントに十亀投手も反応(インスタグラムより)
  • 西武・十亀がリリーフカーでのハプニングに見舞われたZOZOマリンスタジアム
  • 岩貞投手のコメントに十亀投手も反応(インスタグラムより)

岩貞の場合は一度ブルペンに戻り...

   5月16日のロッテ対西武戦(ZOZOマリン)では、7回裏に西武の投手交代が告げられる前に左翼ブルペンの扉が開き、十亀投手を乗せたリリーフカーがグラウンドに出てきてしまった。ここで試合は中断し、辻発彦監督から正式に投手交代が告げられて十亀投手がマウンドに向かうが、一時期グラウンドにリリーフカーが立ち往生するハプニングとなった。

   岩貞投手はこれが報じられたニュース記事にコメントする形で、同日にインスタグラムのストーリーで「心中お察しします」と投稿している。5月9日の横浜DeNA対阪神戦(横浜スタジアム)で、岩貞投手は同様の経験をしていた。

   7回裏横浜の攻撃で、阪神側が投手交代を告げる前に左翼から岩貞投手を乗せたリリーフカーが現れた。だがタイミングを誤ったのか、通常三塁近くまで行くはずのリリーフカーは左翼ファウル線上で立ち往生した上、岩貞投手を乗せたままブルペンに戻ってしまった。その後阪神側から投手交代が告げられると、今度はブルペンから直接走って岩貞投手がマウンドに向かった。十亀投手の場合はグラウンド上で待機したままだったが、岩貞投手は一度ブルペンに戻った上で走ってマウンドに向かうことになった。

   このハプニングについて岩貞投手は、翌10日にインスタグラムのストーリーズに「魔のリリーフカー 迷い込んだ オープンカーのオープンをクローズして欲しい気分 次はがんばります」と投稿している。

   さらに、岩貞投手の16日のストーリーに対し、十亀投手は同日にストーリーを更新し「恐れ入ります」と返信していた。

   2021年シーズンに限らず、投手交代をめぐって時々起こるこの珍事は、ファンにしばしばネタにされる。岩貞投手と十亀投手の「交流」もファンは面白く受け止めているようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中