2021年 6月 17日 (木)

竹野内豊のキラースマイルに「やられた」視聴者たち 「心持っていかれました」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   2021年5月17日放送のドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系)第7話で、主演の俳優・竹野内豊さんが魅せた「キラースマイル」に心を打ち抜かれる視聴者が続出している。

  • フジテレビ「イチケイのカラス」公式サイトより
    フジテレビ「イチケイのカラス」公式サイトより
  • フジテレビ「イチケイのカラス」公式サイトより

弁護士時代の仲間とともに12年前の冤罪を晴らす

   ドラマは、竹野内さん演じる型破りのクセ者刑事裁判官・入間みちお(竹野内さん)と、俳優の黒木華さん演じる堅物のエリート裁判官・坂間千鶴が繰り広げるリーガルエンターテインメント。

   原作は浅見理都さんによる同名漫画で、性格も価値観も事件へのアプローチもすべて真逆である2人が数々の難事件の裏に隠された真実を明らかにしていくというストーリーだ。

   第7話は、みちおが弁護士時代の最後、12年前に担当した殺人事件が物語の軸に。殺人罪として無期懲役を言い渡された仁科(窪塚俊介さん)は、判決後も「事件現場から逃げる男を目撃した」と自身の無罪を主張し続けた果てに獄中で命を絶った。しかし、最近起きた窃盗事件がきっかけで、仁科は冤罪だったかもしれないことが発覚。真犯人に、当時国税庁に勤務していた志摩(羽場裕一さん)という男性が浮上する。

   そこで坂間は、みちおの元同僚で弁護士の青山(板谷由夏さん)とともに、仁科の妹・由貴(臼田あさ美さん)に対し、再審請求をするよう説得。開かずの扉と言われる再審請求だが、結果的にみちおの思惑通り、真犯人は志摩であること、それを検察側が隠蔽したいがために冤罪を生んだことが明らかになった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中