2021年 6月 21日 (月)

枝野幸男氏、防衛省は「見苦しい責任転嫁」 ワクチン予約の「欠陥」指摘報道への抗議に再度苦言

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   自衛隊が運営する大規模接種センターの予約システムが、架空の情報でも予約できるようになっていた問題で、実際に架空情報を入力してシステムの欠陥を確かめた報道機関に対して防衛省が抗議した。

   岸信夫防衛相はツイッターで「本来のワクチン接種を希望する65歳以上の方の接種機会を奪い、貴重なワクチンそのものが無駄になりかねない極めて悪質な行為」などと非難し、実兄の安倍晋三前首相も「極めて悪質な妨害愉快犯」と加勢。この振る舞いには、野党からは「『早い段階で気づかせてくれてありがとう』と言うのが本来の姿ではないか」などと疑問視する声も出ている。

  • 立憲民主党の枝野幸男代表。防衛相が報道機関に対して抗議することを疑問視した
    立憲民主党の枝野幸男代表。防衛相が報道機関に対して抗議することを疑問視した
  • 立憲民主党の枝野幸男代表。防衛相が報道機関に対して抗議することを疑問視した

「『早い段階で気づかせてくれてありがとう』と言うのが本来の姿ではないか」

   実際に架空情報を入力してシステムの欠陥を報じたことが明らかになっているのは、毎日新聞、朝日新聞出版のニュースサイト「AERA dot.(アエラドット)」、日経BPのニュースサイト「日経クロステック」の3媒体。岸氏は2021年5月18日朝の記者会見で、そのうち毎日新聞、朝日新聞出版に対して抗議する考えを明らかにした。日経BPが対象外になった理由は不明だ。

   立憲民主党の枝野幸男代表は、この日夕方に行われた党会合で、

「システムの欠陥を指摘したメディアに対し、『早い段階で気づかせてくれてありがとう』と言うのが本来の姿ではないか」

として、防衛相による抗議は「意味不明な対応」だと批判。報道は「改善を促すきっかけ」だったとした。

「問題点を指摘して改善を促すきっかけをつくってくれたのだから、自分たちの落ち度に謙虚に向き合うのが本来の政治の姿ではないか」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中