2021年 6月 17日 (木)

西武・山川の「絶叫」、死球の痛み&怒りを発散? ファン驚くも「やっぱりスポーツマンだ」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   プロ野球の西武・山川穂高(29)が見せた死球後の行動に「驚き」と「称賛」の声が上がっている。

   西武は2021年5月19日、メットライフドームでソフトバンクと対戦。その2回の攻撃で6番スタメン出場した山川に打席がまわってきた。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

相手投手には「大丈夫」のジェスチャー

   1死走者なしの場面で、ソフトバンクのマウンドは松本裕樹投手(25)。その3球目だった。内角に入った144キロのストレートが山川の右手首付近を直撃。山川は死球を受けた直後、痛みをこらえるように顔をゆがめながら叫び声を上げた。

   すぐにトレーナーとコーチが山川のもとに駆け寄り状況を確認。山川はトレーナーとともにベンチに向かい、その際に怒りを自身で「発散」させるように「ウワッ」と大声を発した。静まり返るスタジアムに山川の叫び声が響き渡った。

   山川は一旦、ベンチに下がったがすぐにフィールドに戻り1塁へ。塁上では表情に厳しさが残っていたものの、マウンド上の松本投手に向けて「大丈夫だ」というように軽く両手を広げて頷いてみせた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中