2021年 6月 17日 (木)

フェイクニュース拡散容疑は「まったくデタラメ」 ミャンマーで拘束の日本人記者が訴えたこと

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   クーデターが起きたミャンマーで治安当局に拘束されたフリージャーナリストの北角裕樹さん(45)が2021年5月21日にオンラインで記者会見し、現地での拘束の様子を語った。

   北角さんの逮捕容疑は「虚偽のニュース(フェイクニュース)を広めた」というものだったが、当局側は取り調べや裁判で「虚偽のニュース」の内容に言及することはなかったという。そのため、北角さんは逮捕の狙いを「外国人記者に対する脅し」だとみている。さらに、刑務所での拘束中はペンを使うことが許されず、濃いコーヒーと鳥の羽を使ってメモを残そうとしたことも明かした。

  • ミャンマーから記憶したフリージャーナリストの北角裕樹さん。拘束中はペンが使えず、コーヒーを使って書いたメモをカメラに向かって示した(写真は日本外国特派員協会の配信動画から)
    ミャンマーから記憶したフリージャーナリストの北角裕樹さん。拘束中はペンが使えず、コーヒーを使って書いたメモをカメラに向かって示した(写真は日本外国特派員協会の配信動画から)
  • ミャンマーから記憶したフリージャーナリストの北角裕樹さん。拘束中はペンが使えず、コーヒーを使って書いたメモをカメラに向かって示した(写真は日本外国特派員協会の配信動画から)

「非常にずさんな、不当な罪状で拘束してくるので」

   北角さんは4月18日に自宅で拘束され、5月14日に解放。その日のうちに帰国し、14日間の隔離期間中だ。日本外国特派員協会主催の記者会見に、自宅からオンラインで参加した。

   自らにかけられた「フェイクニュース拡散」の逮捕容疑について、

「まったくデタラメで、私は記者の倫理に従って仕事をしていただけだと考えている」

などと否定。裁判や取り調べの際、「何がフェイクニュースなのか」「どの記事を書いたからいけなかったのか」「どのビデオを撮ったから、これが間違いである」といった、容疑の立証に必要な論点について当局側から言及がなかったという。そのため、当局が北角さんを逮捕した狙いについて

「証拠に基づいて何に問題があった、ということではなく、元々外国人記者に対する脅しとして、私を逮捕したと考えている」

と推測した。

   ミャンマーには日本人4人を含む10人程度の外国人記者がいるという。自らの逮捕については「脅しとしての象徴的な面がある」ため「これで、どんどんと外国人記者がつかまっていく、とは思っていない」とみる一方で、

「非常にずさんな、不当な罪状で拘束してくるので、リスクはあると言わざるを得ない」

とも話し、警戒していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中