2021年 6月 19日 (土)

「余裕が感じられない」原采配に不満の声 連日のマシンガン交代にG党モヤモヤ

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   プロ野球の巨人は2021年5月23日、バンテリンドームで中日と対戦し1-4で敗れた。

   先発・今村信貴(27)が2回に中日4番ビシエド(32)のソロ本塁打などで3失点。2回途中32球で降板した。打線は3回に1点を返したものの4回以降はゼロが続き1点止まり。巨人はこの日、6人の投手を投入するも勝利をつかめず。首位阪神と4.5ゲーム差でセ・パ交流戦(25日開幕)に突入する。

  • 原辰徳監督(2014年撮影)
    原辰徳監督(2014年撮影)
  • 原辰徳監督(2014年撮影)

先発・今村はわずか32球で降板

   2回、先発・今村が中日打線につかまった。

   先頭ビシエドに3球目のカットボールをライトスタンドに運ばれ、続く高橋周平(27)にツーベースを打たれた。6番・阿部寿樹(31)を四球で歩かせ無死1、2塁。7番・根尾昂(21)にセンター前タイムリーを許したところで早くも巨人ベンチが動いた。2失点の今村を諦め桜井俊貴(27)をマウンドに送った。

   2番手として登場した桜井は、桂依央利(29)を3塁ゴロに打ち取り「5-3」のダブルプレー。2死2塁で打席に投手の福谷浩司(30)を迎えた。その初球だった。桜井が投じた140キロのストレートを福谷がジャストミートしこの回3点目。投手にタイムリーを許す痛恨の失点となった。

   この日の原辰徳監督はいつもにも増して序盤から積極的に動いた。

   先発の今村を2回途中、打者が1巡することなくわずか32球でベンチに下げた。そしてこのタイミングでショートの守備を廣岡大志(24)から若林晃弘(27)に代えた。直後の3回の攻撃では先頭・炭谷銀仁朗(33)に代打・大城卓三(28)を送り捕手を交代。試合の流れを引き戻すべく序盤から激しく動いた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中