2021年 6月 25日 (金)

博多華丸の西郷隆盛が「違和感なし」 薩摩弁に目力...「青天を衝け」ハマり演技に反響

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   俳優の吉沢亮さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「青天を衝け」の第15話が、2021年5月23日に放送され、お笑いコンビ「博多華丸・大吉」の博多華丸さんが西郷吉之助(隆盛)を演じ、その名演技が話題になっている。

  • 博多華丸さん(2015年撮影)
    博多華丸さん(2015年撮影)
  • 博多華丸さん(2015年撮影)

華丸西郷が使った薩摩弁

   大河ドラマ60作目。主人公は「日本資本主義の父」こと新一万円札の顔としても注目される実業家・渋沢栄一で、2015年後期朝ドラ「あさが来た」で知られる脚本家・大森美香さんのオリジナル作品となる。幕末から明治と、時代の大渦に翻弄され挫折を繰り返しながらも、近代日本のあるべき姿を追い続けた生涯をエネルギッシュに描く。

   第15回「篤太夫、薩摩潜入」では、栄一が一橋家の武士として初の給料をもらい、雇い主である徳川慶喜(草彅剛さん)の側近でブレーン的存在の平岡円四郎(堤真一さん)から「篤太夫(とくだゆう)」という武士名を授かる。

   そんな篤太夫としての初仕事は、大阪・摂海の要職に就く薩摩藩士・折田要蔵(徳井優さん)の隠密調査。栄一が折田の門下生らとともに勉強に調査に精を出していたある日、西郷が折田を訪ねにやって来る。折田と酒をかわすシーンでは、同席する篤太夫に対し、「渋沢っち言うたか。おはんもこげんとを信じちゃいかんど」と折田の大口について薩摩弁で苦言を呈し、渋い顔になる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中