2021年 6月 17日 (木)

中川翔子「意外な本名」の由来明かす 「いつか誰かのお嫁に行ったら...」改名にも言及

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   タレントの中川翔子さんが2021年5月26日、公式YouTubeチャンネルに公開した動画で、本名 「中川 しようこ」(よは小文字ではなく大文字)について、改名したい願望があることを明かした。

  • 中川翔子さん(2019年撮影)
    中川翔子さん(2019年撮影)
  • 中川さんのツイッター(@shoko55mmts)より
    中川さんのツイッター(@shoko55mmts)より
  • 中川翔子さん(2019年撮影)
  • 中川さんのツイッター(@shoko55mmts)より

もともとは「中川薔子」になる予定だった

   中川さんは5月18日に自身のツイッターで、運転免許証の写真を披露。氏名欄に本名の「中川 しようこ」と明記されていたことが話題を呼び、ネットニュースにも取り上げられた。

   今回公開された「Yahoo!ニュースになった件についてお話しします。」と題した動画で中川さんは、この度の報道を受けて「色んな人に『名前、しようこだったんですね』と言われた」とした上で、「そうなんです。わたくし、中川翔子じゃなくて"中川しようこ"です、本名」と改めて自己紹介した。

   では、なぜ「中川しようこ」になったのか?

   中川さんによると、もともと薔薇が好きだった彼女の両親は、薔薇の季節である5月5日生まれの中川さんに「薔子(しょうこ)」と名付けようとしたのだという。しかし当時、人名で「薔」の字は使えなかった。そのことを知らずに、難産のため入院中の中川さんの母親に代わって役所に届け出を出しに行った母方の叔母が、窓口の担当者と押し問答に。

   そして、「もう、じゃあ、ひらがなでいいわ!」と叔母が殴り書きした「よ」の字が大きく、結果として"中川しようこ"で受理されてしまったようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中