2021年 12月 5日 (日)

デーブ大久保氏「仲間がいるから心配ないぞ!」、斉藤和巳氏「絶対無事でいて」 失踪の門倉コーチに球界OB悲痛

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   プロ野球・中日ドラゴンズを2021年5月26日付で退団した門倉健2軍投手コーチに球界OBから安否を気遣うメッセージが相次いでいる。

   スポーツ各紙の報道によると、門倉氏は15日から2軍の練習を無断で休み、家族も門倉氏と連絡が取れない状態で家族は16日に愛知県警に捜索願を出した。

  • デーブ大久保氏(2014年撮影)
    デーブ大久保氏(2014年撮影)
  • デーブ大久保氏(2014年撮影)

現役引退後は韓国サムスン、中日で指導

   その後、20日の消印で退団願が郵送され、球団が家族に本人の直筆であることを確認して26日付で受理。日本野球機構(NPB)は27日に門倉氏のコーチ登録抹消を公示した。

   門倉氏は1995年のドラフト会議で中日からドラフト2位指名を受けて入団。ルーキーイヤーの96年には11試合に先発し7勝をマークし、翌97年には2ケタの10勝を挙げた。

   99年シーズン終了後に交換トレードで近鉄に移籍し、その後は横浜ベイスターズ、巨人で活躍。09年には韓国に渡り、韓国リーグで通算27勝をマークした。

   現役引退後は韓国サムスンのコーチを経て中日2軍投手コーチに就任した。球界の発展に貢献してきた門倉氏の失踪、退団に球界OBからは心配の声が相次いで寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中