2021年 6月 17日 (木)

SixTONESジェシーが演じる「ジョージ2世」どんな王? 初主演舞台で話題、その生涯を振り返る

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   アイドルグループ「SixTONES」のジェシーさんが2021年8月から東京・京都で上演される舞台「スタンディングオベーション」で舞台初主演を務めることが決まっており、5月26日にはメインキャストとビジュアルも解禁された。

   秋元康氏が企画・原作を手掛けたこの舞台は、イギリス王ジョージ2世が主人公の舞台「ジョージ二世」を上演中の劇場に殺人犯が紛れ込むという劇中劇スタイルのもの。ジェシーさんはジョージ2世を演じるが、モデルとなった史実のジョージ2世とは、どんな王だったか。

  • 「スタンディングオベーション」のキービジュアル
    「スタンディングオベーション」のキービジュアル
  • 「スタンディングオベーション」のキービジュアル

ドイツ生まれのイギリス王、父との不和

   イギリス王ジョージ2世(1683~1760)は、1727年に即位するが、もとはイギリス生まれではなかった。父のジョージ1世(1660~1727)ももとはドイツのハノーファー選帝侯という爵位にあり、ハノーファー周辺を選帝侯領として統治する小国の主にすぎなかった。

   1714年にイギリスで当時のスチュアート王家が断絶すると、スチュアート家の血を引くジョージ1世に白羽の矢が立つ。といってもジョージ1世が約100年前のイギリス王ジェームズ1世の曾孫にあたるという遠い継承だった。

   父王のイギリス王即位に伴ってジョージ2世も渡英しイギリス王太子となるが、家庭は温和ではなかった。母のゾフィー・ドロテアとジョージ1世は不和で、父王はこの妃を1694年から32年間もドイツのアールデン城に軟禁してしまった。これはジョージ2世にも影響し、父を生涯憎んでいたと言われる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中