2021年 6月 17日 (木)

「五輪強行」IOC姿勢に識者が疑問 「バッハ会長、あなたの地元でやれますか?」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   国際オリンピック委員会(IOC)幹部らが、東京五輪・パラリンピック開催に向けて強気の発言を繰り返している。

   緊急事態宣言下でも五輪を開催する意向を示したジョン・コーツ調整委員長、アルマゲドンを引き合いに出したディック・パウンド氏など、一部の幹部による発言が、国内で反発を招くケースも続いている。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

玉木氏「オーストラリアで出来ますか」

   スポーツ文化評論家の玉木正之氏は2021年5月30日放送の「そこまで言って委員会NP」(読売テレビ)にオンライン出演し、IOCの強硬姿勢を問題視した。

   番組内では、「オリンピックは誰のもの?」と題し、東京五輪開催の可否について出演者による議論が展開された。「政治的側面」から見て一番の問題点について話題が移行すると、玉木氏は次のように語った。

「IOCの調査委員会の委員長のジョン・コーツさん、オーストラリア人ですよね。オーストラリアではひとり、ふたり感染者が出ただけで、街のロックダウンですよね今。その中でオーストラリアで出来ますかというのは聞いておくべきでしょうね」

   玉木氏はさらにバッハ会長についても言及した。

   ドイツ出身のバッハ会長に対して「IOCのバッハ会長に聞いてみればいいんですよ。ドイツで今年開催するとしたら、あなたやりますかと。やると言いますかね、バッハが。これから賠償やなんかがあるというのも含めた時にバッハさん、あなたドイツでやれますか?という質問はものすごく有効だと思います」と語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中