2021年 6月 19日 (土)

「青天を衝け」草彅慶喜、堤円四郎の死に1分の慟哭 「あの迫真は演技ではなかった」視聴者息のむ

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   俳優の吉沢亮さんが主演を務めるNHK大河ドラマ「青天を衝け」の第16話が、2021年5月30日に放送され、徳川慶喜役を務める俳優の草彅剛さんが見せた迫真の演技に反響があがっている。

  • 草彅剛さん(2020年10月撮影)
    草彅剛さん(2020年10月撮影)
  • 平岡円四郎演じる堤真一さんと、徳川慶喜演じる草彅剛さん。『【公式】大河ドラマ「青天を衝け」』(@nhk_seiten)ツイッターより
    平岡円四郎演じる堤真一さんと、徳川慶喜演じる草彅剛さん。『【公式】大河ドラマ「青天を衝け」』(@nhk_seiten)ツイッターより
  • 草彅剛さん(2020年10月撮影)
  • 平岡円四郎演じる堤真一さんと、徳川慶喜演じる草彅剛さん。『【公式】大河ドラマ「青天を衝け」』(@nhk_seiten)ツイッターより

栄一の恩人・円四郎の暗殺

   大河ドラマ60作目。主人公は「日本資本主義の父」こと新一万円札の顔としても注目される実業家・渋沢栄一で、2015年後期朝ドラ「あさが来た」で知られる脚本家・大森美香さんのオリジナル作品となる。幕末から明治と、時代の大渦に翻弄され挫折を繰り返しながらも、近代日本のあるべき姿を追い続けた生涯をエネルギッシュに描く。

   第16話「恩人暗殺」で、栄一と幼馴染の喜作は、一橋家の兵を募るべく関東へ出向く。一方、京都では、土方歳三(町田啓太さん)率いる「新選組」が、攘夷派の志士が集う「池田屋」を襲撃する事件が発生。これによって、攘夷派たちは朝廷を警護する「禁裏御守衛総督」の慶喜、ひいてはその側近の平岡円四郎に怒りを向け、暗殺計画が浮上する。

   ある雨の日、円四郎は慶喜に対し、「この緩んできた世を再びまとめあげるのは殿しかおらぬ」「この平岡円四郎が尽未来際どこまでもお供つかまつりまする」と、慶喜への忠誠を改めて表すと、円四郎らしくない固い口調に互いに笑いあう。

   その後、円四郎は、攘夷派である水戸の志士たちに襲撃され落命してしまう。死の知らせを聞いた慶喜は、運ばれてきた円四郎の亡骸にゆっくりと近づき、次第に眉をひそめて、「円四郎よ...」とポツリ。雨など構わず、「尽未来際と、申したではないか...」「どうして...」と慟哭するシーンは約1分流れ、将来を分かち合った円四郎の無念の死を悼むのだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中