2021年 6月 25日 (金)

代々木公園「五輪PV会場」は転換も... 不満募る「選手村酒類OK」「観客の陰性証明」どうなるか

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

    東京都の小池百合子都知事は2021年6月1日の都議会定例会で、東京五輪・パラリンピックの期間中に予定していた代々木公園でのパブリックビューイング(PV)会場を新型コロナウイルスのワクチン接種会場に転用する方針を明らかにした。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

PV実施を巡りウイルス感染拡大懸念の声

   都は当初、五輪期間中に代々木公園でPVを予定し、会場設営の準備に取り掛かっていた。その際に公園内の一部の木がせん定され、批判の声が上がっていた。また、代々木公園でのPV開催を巡っては、多くの人出によるウイルス感染の拡大が懸念されていた。

   代々木公園は今後、都が独自に行う大規模接種会場として活用され、ウイルスの感染状況によってパラリンピックの開催時にPVが実施される可能性もある。また、代々木公園以外では岩手、福島など11カ所でPV実施が予定され、ウイルス感染の拡大が懸念されている。

    コロナ禍の五輪開催が不安視されるなか国民の関心を集めたPV問題。その一方で、五輪の選手村での酒類持ち込みにも話題が集まっている。

    政府の東京五輪・パラリンピック推進本部事務局は5月31日、国会内で開かれた野党会合で、選手村に酒類の持ち込みが可能だと説明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中